チャラさも残ってます

エスキモー・コールボーイ『ザ・シーン』

2017年09月13日発売

エスキモー・コールボーイ ザ・シーン
メタルコアやエレクトロニコア、日本ではピコリーモなどとも形容される、ドイツ発のエスキモー・コールボーイ。チャラリーモと呼ばれることもあるが、2年ぶりの最新作は、こうしたジャンル分けや特定の見方への疑問や皮肉たっぷりの態度が示され、『ザ・シーン』と名付けられた。それでチャラさを抑えにいったのかと言えばそうでなく、メタル度もキャッチーさも、パーティ感や音遊びも磨き上げて、高次元でブレンドした突き抜けたアルバムを作り上げている。破壊的などんちゃん騒ぎに終始せずに、いかにしてこの楽しみを持続させるか、自分たちの創作欲を刺激し続けるかの、音楽的な深みにしっかりと重心を置いた内容だ。

前作『クリスタルズ』リリース後は、ツアーやライブの規模が拡大したが、今回の制作はそのツアーを挟みながら長い時間をかけて取り組んだという。メンバーによれば、曲ができてもしっくりとこなければ、一旦寝かせる時間を取ったりもしたそうで、制作にもツアーにも集中できたことが結果的に内容の充実に繋がった。セルフ・プロデュースを行ったことで、バンドの精神を凝縮できたのも大きい。( 吉羽さおり)

最新ブログ

フォローする