シリアスな曲でも高揚させられる

藤巻亮太『北極星』

発売中

藤巻亮太 北極星
すげえ。なんだこのテンション。レミオロメンの呪縛と反動のファーストソロアルバムがあって、それらからソングライターとして解き放たれたのは前作『日日是好日』で、あれも今聴き直しても相当いいアルバムだが、その比じゃない、もう。よりいっそう、本当に、「大丈夫かこの人」ってくらい開かれまくっている、どの曲も。こんな緩急も抑揚も自在なメロディを書けるの、そこにこんな「全部の曲が聴いているあなたへの手紙」みたいなわかりやすく生々しい歌詞を乗っけられるの、それをこんな「話し声と近いのにすんげえ独特」な声で歌えるの、総じて言うとこんなにドラマチックで高揚感に満ちたポップソングを作れるの(そう、ポップミュージックというよりポップソングという言い方がハマる)、どうしたってこの男だけだ。もともと何かのブームに乗ったり、誰かのマークⅡとして出てきたりした人ではないが、にしてもなんなんだ、このオンリーワンっぷりは。重たいテーマに向き合ったシリアスな曲においてすら、じわじわ聴き手を高揚させていくこの感じ、底知れない。絶好調、藤巻。(兵庫慎司)

最新ブログ

フォローする