(実は)その功績は計り知れない!

Nothing’s Carved In Stone『Mirror Ocean』
発売中
ALBUM
Nothing’s Carved In Stone Mirror Ocean
結成10周年ということが納得できるくらい、Nothing's Carved In Stoneがロックシーンで確固たる地位を築いてから久しいが、ふと「彼らのフォロワー的なバンドはいるだろうか?」と考えてみると、パッと思い浮かばない。それは、単に技巧派揃いだから、というだけではないと思う。恐らく、彼らのように「勇気」があるバンドがいないのだろう。それぞれがバラバラな個性を発揮した上で、バンドとしてのグルーヴを作っていく「勇気」。年齢や実力を素直に鳴らし、大人も聴けるロックを作っていく「勇気」。彼ら自身は、紆余曲折を経て心地好いやり方を見つけたというだけなのかもしれないけれど、彼らの音楽によって耳が磨かれていったリスナーは多いと思う。

9thアルバム『Mirror Ocean』も、このリズムにこの歌? しかも突然このギターが来る? でも気持ちいい!と思えるような、さらに進化したナッシングス節のオンパレード。そのラストを飾る“青の雫”が、村松拓(Vo・G)の歌声に3人が寄り添うような珠玉のバラードで、彼らの10年の歩みを総括するには、美しすぎる流れになっている。(高橋美穂)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする