痛みを経験値に変えてゆく歌たち

Aimer『Ref:rain / 眩いばかり』
発売中
Aimer Ref:rain / 眩いばかり
『ONE/花の唄/六等星の夜 Magic Blue ver.』が、自身最高のオリコン週間2位を叩き出したAimerのニューシングル。“Ref:rain”はこの1月からオンエアされているTVアニメ『恋は雨上がりのように』のED曲に起用。ピアノのリフレインに導かれた歌は、肌寒さと心細さに震えるようにしながら成長過程の拙い自分自身に思いを馳せている。切々とした歌だが、コーラス部分の際限なく膨らむ表現力は内に秘めた成長の可能性を伝えるようだ。青春の逡巡と音楽のドラマ性を重ね合わせることで生まれた秀逸なナンバーである。ダブルタイトルのもう1曲“眩いばかり”は、Coccoが作詞・作曲を担当。Aimerの歌声の向こう側に、Coccoでしかあり得ない言葉選びとメロディの確かな息遣いを感じさせる。残酷で儚い命の瞬きに直面したときの、受け入れがたい現実をしたためたディープな詩情がすごい。また、ビートを切り替えることで新しい表情を手に入れたリメイク曲“After Rain –Scarlet ver.-”やCoccoのカバー“Raining”と、「雨」を主題に据えた楽曲群がコンセプチュアルに収められたシングルだ。(小池宏和)

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする