物語をさらに輝かせる光

エレファントカシマシ『Wake up』
2018年06月06日発売
ALBUM
エレファントカシマシ Wake up
デビュー30周年のアニバーサリーイヤーがロックシーンを超えた盛り上がりを見せ、その証に紅白歌合戦初出場まで果たしたエレファントカシマシ。そこから、さらに『Wake Up』するとは……つくづく今のエレカシはとんでもない。

まず、強いメッセージ性や雄大なメロディに顕著に表れる、所謂「エレカシ印」に対する期待に応えながら、新境地へもズンズン進んでいるところが素晴らしい。オシャレさといなたさをミックスしたハイブリッド・ダンスロック“Wake Up”と、00年代以降のメロディックパンク・キッズも泣きながら跳びたくなる “Easy Go”が、立て続けに飛び出すオープニングが象徴的だ。さらに、(こんな絶頂な時期なのに)《神様俺を見て 俺を見捨てないで》という心のうちを吐露する……しかも、レゲエで!というダブルの驚きがある”神様俺を“も秀逸。編曲に携わっている村山☆潤の手腕も大きいと思うけれど、彼の愛と理解、そしてバンドのテンションとポテンシャルがぴったりと嵌ったからこそ、今作が生まれ得たのだろう。ロックの希望であり、人生の希望として掲げたくなる傑作。(高橋美穂)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする