時代を導く力

SKY-HI『Snatchaway / Diver’s High』
2018年06月27日発売
SINGLE
SKY-HI Snatchaway / Diver’s High
先日某フェスで見たSKY-HIのライブは、あえてDJとふたりの簡素なセットを基本に、ロックファンに向けて、ヒップホップの魅力をアピールするような内容だった。その真面目さに感心したのだが、その時共演していたひとり、亀田誠治をプロデュースに迎え、UNISON SQUARE GARDENの斎藤宏介をコーラスとギターに作ったのが“Diver's High”で、蔦谷好位置をプロデュースに自身のバンドTHE SUPER FLYERSをバックに歌うのが“Snatchaway”である。それぞれアニメとゲームの「ガンダム」テーマソングとして起用されている。

斎藤のギターが大きなアクセントになる“Diver's High”、ハードなファンク色を強調した“Snatchaway”と、いずれもヒップホップの枠を飛び越えた華やかでメリハリの効いた曲調で、SKY-HIらしい高速ラップをかましながら、ガンダムの世界観を彼なりに描く。これもまた、ロック/ポップのリスナーを自分のフィールドに引き込むことでラップミュージックを底上げしようとする戦略性を感じた。SKY-HIはどこまでも生真面目で、そしてしたたかだ。(小野島大)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする