スマッシング・パンプキンズ『ソラーラ』

スマッシング・パンプキンズ『ソラーラ』
発売中
SINGLE
2018年。スマパンである。2007年の『ツァイトガイスト』での復活の歓喜もあった。2012年の力作『オセアニア』も堪能した。しかし、やはり。これこそが、この音こそがスマパンだったのだ、これをずっと待っていたのだと有無を言わさず屈服させられる。この4分強の“Solara”を聴くと。ジミー・チェンバレンのマシンガンの如きスネア連打。そしてジェームス・イハの澄んだ憂いを暴力性に変換したような荒々しくも美しいギター。ビリー・コーガンはひとりでも世界と対峙してきた(せざるを得ない、のか)音楽家だが、本来のスマパンに搭乗したときの桁違いの説得力を、この曲の《俺はお前らじゃない》という叫び一発で思い出させられる。ダーシーの不在は残念だが、サウンド構築における貢献度だけで言えばこの3人が揃えば充分。これからまたスマパンが始まっていく。 (長瀬昇)



『ソラーラ』の詳細はこちらの記事より。

スマッシング・パンプキンズ『ソラーラ』のディスク・レビューは現在発売中の「ロッキング・オン」8月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。


スマッシング・パンプキンズ ソラーラ - 『rockin'on』2018年8月号『rockin'on』2018年8月号
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする