僕らは今日も生きている

Hump Back『人間なのさ』
発売中
ALBUM
Hump Back 人間なのさ
これから大注目の若手として名前が挙がることの多い、Hump Back。といっても、高校の軽音部で結成し、この春で10年。フレッシュなようで、土壌がしっかりしているのだ。幾度もメンバーチェンジを繰り返し、ソロ活動の時期を挟みながらもHump Backの名前をひとり守り抜いたのが、ボーカルで詞曲を担当する林萌々子である。雨降って地固まったのか。現在の体制に整ってからというもの、破竹の勢いが止まらない。

「VIVA LA ROCK 2019」では早朝ステージで入場規制、「JAPAN JAM 2019」では3万人を魅了するライブを披露。もちろん、この夏のフェスへの出演も引く手あまた。Hump Backファンをたくさん増やす夏になりそうだ。

メジャー1stフルアルバムのタイトルは『人間なのさ』。人間らしい感情や日常を綴った青春賛歌は、心にグッと刺さる。林の歌声は、ヤスリで磨きをかけたような印象。シャープで力強い。バンドサウンドはシンプル。ただし、その味わいは薄くない。塩気がしっかりと効いていて、歯ごたえも充分。一度つまみ食いしたら、止まらない。(峰典子)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする