今のポルカならではの豊かな多面性

ポルカドットスティングレイ『ハイパークラクション』
発売中
MINI ALBUM
ポルカドットスティングレイ ハイパークラクション
2019年は全編に様々な音をちりばめることで、ロックバンドの枠を越えたポップミュージックを鳴らした『有頂天』を発表。初の日本武道館公演も成功させたポルカドットスティングレイが、最新ミニアルバムを完成させた。序盤の細かなアレンジとサビの四つ打ちの対比が光るロック曲“バケノカワ”、鋭い演奏がノイズをまき散らして高速で殺り合う“オトシマエ”、雫の歌声にバンドが寄り添う“おやすみ”を筆頭に、全編は4人の才能が乱反射する多種多様な楽曲がずらり。電子音を活かして疾走感と仄かな切なさをブレンドした“阿吽”、ライブでは初めてアコースティック編成で披露したという日本武道館での“リスミー”のライブ音源も含め、ひとつとして同じ種類の曲はなく、同時に『有頂天』の頃と比べても、豊富な音楽要素やアイディアが、各楽曲により自然に同居しているように感じられる。「(あっさり)」と「(塩多め)」の2パターンを収録した“おはよう”の振り幅も、バンドの本質的な魅力を伝えるようだ。ロックとポップ、マジと冗談を確信犯的に横断する今のポルカらしいポップワールドが広がっている。(杉山仁)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする