生身の渋谷が歌う魂の歌

渋谷すばる『二歳』
発売中
ALBUM
渋谷すばる 二歳
心を鷲掴みにされるとはまさにこのこと。全曲、渋谷すばる作詞・作曲・編曲による1stアルバムが完成した。人間・渋谷の裸の歌がここにある。おそらく誰もが1曲目の“ぼくのうた”で、すべての感情を持っていかれることだろう。挨拶代わりと軽く呼ぶにはあまりに赤裸々で正直で無防備な「歌」がここにある。最高だ。アナログレコーディングの空気感、余計なダビングのない弾き語りやバンドサウンド。渋谷自身がすべての装飾を取り払って、純粋に己の内から湧き出る言葉とメロディだけで音楽に向き合っている。初期衝動という言葉も随分使い古されてしまったが、これは間違いなく本物の衝動だ。ゆえに聴いていて時々涙が溢れそうになる。何より彼自身が純粋に音楽を楽しんでいる。それが伝わる。そこに誰の指図もない。素晴らしい。そう、彼は「音楽」をやりたかったのだ、ずっと。すべてをさらけ出した彼だからこそ、ラストに収録された“キミ”で問いかける《今のキミはどう?/本当の笑顔ですか?》は、誰の心にもズシリと響くだろう。最後にもう一言だけ言わせてほしい。必聴。(杉浦美恵)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする