独自のオルタナ感の表出

おいしくるメロンパン『透明造花』
発売中
DIGITAL
おいしくるメロンパン 透明造花
昨年の4thミニアルバム『flask』から約7ヶ月ぶりのリリース。イントロからして、おいしくるメロンパンの新機軸を存分に感じさせる、骨太なバンドサウンドに驚く。日常に潜むダークでメランコリックな心象風景を独特の筆致で描くナカシマ(Vo・G)の歌詞は、この“透明造花”でも健在で、甘美で冷たい喪失感を感じさせる。その一方で3ピースのロックアンサンブルが、おいしくるメロンパン史上、最もソリッドに響いている。誤解を恐れずに言えば、彼らのキャリアの中で最もシンプルにロックを感じさせる一曲となった。一般的な解釈でひもとけば「原点回帰」と形容したくなる音像なのだが、おいしくるメロンパンがたどりついたこの「ロック」の音は、原点回帰のそれではない。それこそ昨年の『flask』で、そしてそれに伴う全国ツアーでギリギリまで攻めたアンサンブルを追求したことによって、彼ら独自のオルタナティブ感覚が新たに開花した結果なのではないかと思う。エキセントリックなひねくれ感は控えめながら、普遍的なポップセンスを宿した、これまでにないラウドさがとても新鮮。(杉浦美恵)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする