卒業アルバムをめくるように

欅坂46『永遠より長い一瞬 ~あの頃、確かに存在した私たち~』
2020年10月07日発売
ALBUM
欅坂46 永遠より長い一瞬 ~あの頃、確かに存在した私たち~
欅坂46名義の最後のアルバムは、5年間の集大成となるベスト盤。通常盤はシングルの表題曲を中心に収録した文字通りのベスト。ほかに初回仕様限定盤としてTYPE-AとTYPE-Bが用意され、通常盤CDに加え、DISC2に、それぞれまた違った楽曲が並ぶ(AとBのDISC2は全曲違う楽曲)。これはまさに欅坂46の卒業アルバムのような作品。壊れそうな儚さを集めながら、ひとつの季節の終わりを祝福するように、青春時代へのノスタルジーさえ感じさせる。それぞれの初回仕様盤で最後に収録された未発表曲たちが、よりその柔らかなノスタルジーを後押しする。特に幻の9thシングルと言われてきた“10月のプールに飛び込んだ”などは、今、音源がリリースされることによって、また別のエモーショナルさを宿した。このアルバムはリリース直後はもちろん、何年か年を経てから開けば、さらにその意味の深さが増すことだろう。なぜあれほど痛みを感じていたのか、やりきれなかったのか。月日が流れてそれらが甘い痛みに変わった頃、この「アルバム」はやさしく語りかけてくるはずだ。(杉浦美恵)

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする