4人の主演で示す4大要素

go!go!vanillas『鏡 e.p.』
2020年11月18日発売
EP
go!go!vanillas 鏡 e.p.
初の武道館公演を記念したこのEPには、メンバー各々が作詞作曲、メインボーカルを担当した4曲が収録されている。艶めかしい音像、穏やかに躍動するビートが恍惚を誘う“鏡”=牧。全力で生きる決意を熱く示す“バームクーヘン”=プリティ。瑞々しい美メロが光る“イノセンス”=柳沢。メンバー内のパートシャッフルで録音された猪突猛進型のロックンロール“JETT ROCK SCHOOL”=セイヤ――それぞれがメインの4曲の印象を端的に言い表すならば「グラマラス」「グルーヴィー」「ロマンチック」「大爆発!」といった感じだろうか。これらは偉大な先人たちへの敬意を自分たちの音楽に多彩な形で反映させているgo!go!vanillasの4大要素と言っても過言ではない。そして、このバンドが様々な曲で発揮し続けている心地よいハーモニーの源とも言うべき4色の個性的な歌声に触れられるのも楽しい。メンバーたちにとってこの4曲の制作の過程は、「バニラズとは?」ということに向き合う機会にもなったのではないだろうか。自分たちの本質の再確認は、彼らの音楽をさらに進化させる力にもなっていくはずだ。(田中大)

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする