「今、向き合うべき心」のかたち

雨のパレード『Face to Face』
発売中
ALBUM
雨のパレード Face to Face
前作『BORDERLESS』のリリースツアー後半日程が、コロナ禍の影響により無念の中止となった雨のパレード。彼らの2020年への向き合い方は「自分の音楽的な核心も内面世界も露わにしたアルバムを年内にもう1枚発表する」というものだった。アニメ『メジャーセカンド』第2シリーズのエンディングテーマ“IDENTITY”の、生命の輪郭を音でなぞるようなエモーショナルなサウンドスケープ。ネット空間に渦巻く猜疑心と対峙しながら己を顧みる“scapegoat”。《こんな世界見たくもない/嫌いなやつはみんな消えればいい》という露わな言葉を通して聴く者の孤独を抱き締めるオルタナバラード“Dear Friend”……生音とシンセ音の接点越しに、福永浩平の言葉は困難な時代を辛辣に活写していく。が、最終曲“Child's Heart”のアコギを基調とした無防備な音像の中で《ただ寂しいことを/伝えたかっただけなのに/怒ったように喋っちゃうのは/なぜだろう》と自問する福永の歌声は、自らもその混沌の一部であることを明確に指し示す。2020年という状況が生んだ、真摯なるアートの結晶。(高橋智樹)

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする