転んだまま走り続ける人たち

フラワーカンパニーズ『36.2℃』
発売中
ALBUM
フラワーカンパニーズ 36.2℃
毎年平均地球一周と同じ距離(4万キロ)をハイエースで走りながら全国を回り続けて数十年のフラカンは、コロナ禍でそれを阻まれても止まらなかった。2月26日の安倍元首相の自粛要請の直後より、ライブハウスから無観客生配信ライブをスタート。緊急事態宣言中はさすがにそれもストップしたが、開けると同時に再開。8月27日には、「無観客だから普段できない会場でワンマンを切れる」という逆転の発想で、横浜アリーナでライブを行って生配信した。そして、本来2020年はニューアルバムを作るプランはなかったが、予定を変更、曲を作り、「全曲新曲配信ライブ」を経てリリースされたのが本作である。

つまり、バンド史上最大の危機の渦中で急遽作ったわけだが、不思議と重たい聴き心地ではない。アルバムタイトルにも“一週間”等の収録曲にも、コロナ禍に作られたことが表れているが、でありながら、シャープで軽やかでコンパクトで、とてもポップな10曲が並んでいる。ここで初めてフラカンに触れる人にも、きっと効力を発揮するロックンロールアルバム。(兵庫慎司)

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする