光属性、全解放

XIIX『USELESS』
発売中
ALBUM
XIIX USELESS
昨年1月にリリースされた1stアルバムから約1年、XIIXから早くも2ndアルバムが届いた。斎藤宏介(G・Vo)と須藤優(B)という、実力も個性も兼ね備えたふたりの実験室的マインドが爆発していた前作では、エレクトロニカやヒップホップ、チルなムードからハイパーなロックまで、新しい扉を開けまくっていた。そして今作。ふたりが新たに開けたのは、意外にも外側へ繋がるポップスという扉だった。シニカルさを残しつつ優しいメッセージに溢れた斎藤の歌詞と豊かなメロディを軸に、須藤の多彩なアレンジも歌に寄り添った仕上がり。改めて、どれだけマニアックな構成で遊ぼうが、テクニカルな技を仕込もうが、ダークなテーマを描こうが、やはり斎藤の歌声が言葉を紡ぐと、たちまち世界はキラキラと輝いて、メロディがどこまでも遠くへ羽ばたいていくのだと実感する。奇しくも閉ざされた環境で制作せざるを得なかったがゆえに、「外へ届けたい」というふたりの想いが、さらにその光属性を強めたに違いない。これだけの傑作を、自虐たっぷりに『USELESS』と名付けるところも最高。(後藤寛子)

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする