サウナは音楽に似ている

Tempalay『あびばのんのん』
発売中
SINGLE
Tempalay あびばのんのん
複数の音同士の間合いと相互作用によって生み出すグルーヴがメロディやハーモニーと同等、場合によってはそれ以上の昂揚感につながるのが音楽だ。つまり、抽象的な要素の上に成立している側面も大きいのが音楽であり、メッセージソング、応援歌、ラブソングといった意味が明確なものだけでなく、「なんかわかんないけどいい!」という表現にも長けている理由はそこにある。Tempalayは、そういうことを感じさせてくれるバンドだ。テレビドラマ『サ道2021』のエンディングテーマ“あびばのんのん”は、「サウナって気持ちいい!」という抽象的ながら紛れもなく存在する快楽を鮮やかに表現している。日本古来の手拍子的なノリも添加しつつ、お風呂ソングの名作“いい湯だな(ビバノン・ロック)”へのリスペクトを醸し出しているのも粋だ。街の空気、やるせなさ、恍惚と不安が入り交じった生の実感など、漠然とした感覚を描写し続けているTempalayは、なかなか上手く捉えきれないムードを的確に可視化してくれる。だから彼らの音楽を聴くと日々の暮らしの中にある様々な愛しさを追体験できるのだと思う。(田中大)

公式SNSアカウントをフォローする

人気記事

最新ブログ

フォローする