ジャケットはやっぱり丸尾末広!

恐悪狂人団『兇悪―怨鬼怒密六呪経―』
発売中
ALBUM
恐悪狂人団 兇悪―怨鬼怒密六呪経―
1983年設立のレーベル「殺害塩化ビニール」の主宰者。猛毒、QP-CRAZYなどのバンドを率いるボーカリスト。2003年にプロレス団体666を興し、レスラーとして活動していた時期もある。以上、バカ社長ことザ・クレイジーSKBについて、極力簡単に紹介しました。音楽的には、ハードコア・パンクに過激な笑いを持ち込んだ最初の存在、というのが私の解釈です……あ、違う、死ね死ね団もそうだから、最初のふたつのうちのひとつか。我々の世代の神=石野卓球が、一目置く存在でもあります。病気療養で2016年から活動を休んでいたが、最初のバンドである恐悪狂人団が40周年を迎えるにあたり、ザ・クレイジーSKBの6年ぶりの作品としてリリースされたのが本作。6曲入り。聴いてびっくりした、ハードコア・パンクとして、真正面からかっこよすぎて。演奏も録音もボイスも最高。唯一、歌詞がそんなに笑い方面に寄っていないのが……と思ったが、以前からこれくらいな気もしてきた、何度も聴いているうちに。今のラウドミュージックを聴いている世代に、ぜひ触れてほしい。刺さると思う。(兵庫慎司)

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする