泣き笑いで、踊る

avengers in sci-fi『Sonic Fireworks』
2011年12月14日発売
SINGLE
avengers in sci-fi Sonic Fireworks
現在、マツダ、アクセラ・デミオのCMイメージ・ソングとして流れている、“Sonic Fireworks”。キラキラ、ピコピコとしたサウンドと、流線形のメロディというOAされているサビのパートでは、電脳感たっぷりの雰囲気があるけれど、全体の印象はとてもエモーショナルな1曲だ。スペース・オペラ的でエフェクティヴな多重ヴォーカル/コーラスを引き立てていくのは、眩いばかりの音響と、フレンドリー・ファイアーズを思わせる心地好い力強さを持った人力ビート。なめらかでスペイシーな音とは対極にあるような、大らかに跳ねて響きわたる民族的なリズムが、 曲をみずみずしく広げている。フィジカルな快楽が強くある一方、心ふるわせるアンセムとしても成立している。思い出にぶんぶんふりまわされながらこの先を夢想する、甘くセンチメンタルな琴線にふれる内容なんだけれど、ガッツポーズのひとつでもしたくなる、歌、メロディのデカさが際立つ。雑多なジャンルとたくさんのアイディアに機材を絶妙に調合して確信犯的ポップ・サウンドを生む3人だが、素手で心を掴むこともできるのだ。(吉羽さおり)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする