luki

ニューアルバム『黒うさぎ』

全曲レヴューで世界を読み解く

9月9日、lukiの2ndフルアルバムがリリースされた。前作『東京物語』で取り入れたEDMサウンドと、それ以前から彼女の中にあったロックのグルーヴが高い次元で融合した1枚は、『黒うさぎ』と名付けられた。これまでも作品ごとに新たな表現のスタイルを呑み込み、広がり続けてきたlukiの作品世界だが、この『黒うさぎ』は現時点におけるその集大成、究極体ともいえるアルバムである。シンガーソングライターとして、世界を時に冷徹に、同時に巨大な愛をもって見定めるlukiの視線は、人間の業や世の中の闇、愛と憎しみのさまざまなかたちを色鮮やかに浮き彫りにする。果たして、lukiがこのアルバムを通して見つめる世界とはどんなものか。このアルバム全曲レヴューを通して読み解いてほしい。

テキスト=小川智宏

提供:ランデブーレコーズ

企画・制作:RO69編集部

↑TOPに戻る

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする