Nothing's Carved In Stone

7thアルバム『MAZE』に刻まれた、バンドの「歴史」と「信頼」

Nothing's Carved In Stoneの7作目となるニューアルバム『MAZE』。これは間違いなく、ナッシングス史上最高傑作である。凄腕メンバーたちによる超高性能ロックとしての迫力と圧倒感という、これまでのナッシングスが見せつけてきたものはもちろん健在なのだが、それに加えてこのアルバムはとても自由奔放で有機的な作品になっている。そこがいいのだ。バンドの構造的にも、そして音楽的にも、ひとつひとつのパーツを磨き上げ、それをガッチリ組み合わせ構築していくことでできあがっていたナッシングスが、いつの間にかもっと生き物のようにうごめく「バンド」になっていたということを、このアルバムは証明している。渋谷クラブクアトロで3ヶ月連続の企画イベント(過去のアルバムをすべて再現するというライヴ)を開催し、そのライヴ音源からファンのリクエストによって選び出された楽曲を集めた初のライヴアルバム『円環-ENCORE-』をリリース――と自分たちの積み上げてきたものを振り返った先で、ナッシングスが鳴らした「生」のロックとは? メンバー全員に、その歩みと辿り着いた現在地について語ってもらった。

インタヴュー=小川智宏 撮影(インタヴューカット)=若田悠希

↑TOPに戻る

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする