NAMBA69が語る『Ken Yokoyama VS NAMBA69』。スプリット盤の真相に迫るメンバー全員インタビュー

NAMBA69が語る『Ken Yokoyama VS NAMBA69』。スプリット盤の真相に迫るメンバー全員インタビュー

(“SONG 2”は)ふざけようと思って、作ったものを最初にサンちゃんに聴かせたんです。そうしたら「こんぐらいでええねん」って(ko-hey)


——カバーの2曲をとっても、選曲もアレンジも全然違うじゃないですか。“SONG 2”が、これだけ大胆なアレンジになった理由っていうのは?

NAMBA 俺は、そのままやればいいんじゃない?って思ったけど、ko-heyが難色を示したの。

ko-hey 個人的に、カバーするなら、歌メロ以外全部変えたいっていう信念があって。でも“SONG 2”か……難しいなって。だから、これはふざけようと思って、作ったものを最初にサンちゃんに聴かせたんです。

SAMBU 「思い切りふざけたんですけど、どうですかね?」って。

ko-hey そうしたら「こんぐらいでええねん」って。

——このテンションもNAMBA69っぽいですよね。

ko-hey そう。うちのライブっぽいですよね(笑)。

——逆にKenさんの“Malibu Beach Nightmare”はストレートだから、その違いも楽しめますね。

ko-hey マスタリングの時に、俺らの“SONG 2”のカバーを初めて聴いたMinami(G/Ken Yokoyama)さんとJun(B/Ken Yokoyama)さんが、「Aメロ、メジャー進行になってるね」って分析し始めて。「俺ら、普通にやったけど大丈夫かな?」って。

NAMBA KEN BANDのアレンジはハイスタっぽいっていうか、そのままをバンドらしくやるっていう。俺も、今回そんな崩す?って焦ったけど、そこをチャレンジさせてくれたのはko-heyだよね。

——さらにKEN BANDにも刺激を与えているっていう。いい関係性ですね。

ko-hey ありがたいですね。

NAMBA マスタリングの時に刺激はあったみたいよ。Kenくんと話したんだけど、俺らの音は整合性が高いって。そこで彼らも、KEN BANDの音って何?って見つめ直したっていうのよ。これ、いい話。

——そして、最後に“PROMISES”についても伺わなければならないな、と。《僕たちはここにいる!(何故僕たちは別々の道を歩んだんだろう?)》……これはもう、NAMBAさんとKenさんのことをズバリ歌ったものなんですか?

NAMBA ズバリなんですけど、でも、みんなに置き換えられるような話にしたかったんです。こんだけストレートに言っていいのかな?って思ったけど、2バンドが並んだここで言うことで、完全にいろんなことがすっきりするから。

——また、音で言うと、NAMBAさんだけの曲じゃなく、NAMBA69の曲、4人が固まっているように聴こえてくるところがいいなって。

NAMBA そこですね。4人の塊感はKEN BANDに負けてない!ってところをメッセージにしたかったの。 “PROMISES”も、俺のことを歌っているように聴こえるかもしれないけど、4人それぞれにこういうことはあって。いろんなことを経てきて、ここにいるっていう。KEN BANDのみんなもそうだよね。だから、俺とKenくんだけの話じゃないんだよ。

——もうひとつ、訊いておきたいことがあって。今作はピザからのリリースじゃないですか。NAMBA69がピザからのリリースということで、どういう思いで受け止めたのか……もちろん、Kenさんからお誘いがあったからなんでしょうけど。

NAMBA それは大前提で。もちろん俺は、ハイスタをピザからリリースしていたし、信頼もあって。でも、NAMBA69が出すっていうのは、高橋さんも言ってくれたけど、事件だと思った。ハイスタが休止して、Kenくんはハイスタが戻ってくる場所を守ってるねって言ってくれた……それも“PROMISES”だったりするんだけど。そこが達成されたわけじゃん。今作も、ピザがなかったら成立しないスプリットなんだよね。

——すごい! いろんなものが繋がっている。

NAMBA ピザ・オブ・デスっていう場所があったことが、すごい重要だったんだよね。バンドがあったとしても、レーベルがなかったらどうなっていたかはわからない。ピザはハイスタが作ったわけじゃない? そこを継承してきたKenくんやスタッフ……この話は、普通には語れないところなんです。もし、インディーズについて、メジャーでできないことをやるのがインディーズなんだよね、っていう簡単な概念で考えている奴がいるなら、インディーズってこれなんだよって俺は言いたい。適当にインディーズっていう言葉を使わないでほしい。


NAMBA69をやってたら、ピザ・オブ・デスからリリースすることはないと思っていたんですけど、まさかこういうことになって、夢叶ってしまいました(SAMBU)


——この両者のスプリットっていうだけではなく、それがピザからリリースされる、そしてピザがどういうものかっていう物語まで、ここには詰まっているという。

NAMBA そうです。もうひとつ言うと、ピザ・オブ・デスは、時代が移り変わって、全然違うものになっているんです。そこもまた、重要なんですよね。前に進んでいる、っていう。だから、僕が作ったレーベルなんて言えない。今のピザと組めて光栄だと思います。もっと言えば、自分が作ったものと繋がっているものに、下手したら救われようとしているわけですよ。あと僕ら、POP SPEED RECORDSってやってますけど、だからKenくんに認めてもらえたんだと思います。対等じゃん、って。これがメジャーでやってもらってるバンドだったら、誘われなかったと思いますよ。バランス悪いもん。

ko-hey ちなみに、サンちゃんの夢は、ピザ・オブ・デスからCDを出すことだったみたいなんで、これで叶ったっていう。

SAMBU ラッキー!(笑)。NAMBA69をやってたら、ピザ・オブ・デスからリリースすることはないと思っていたんですけど、まさかこういうことになって、夢叶ってしまいました。

——まさしく、NAMBAさんだけの物語ではないっていう。ツアーでは、その思いが目の前でぶつかり合うんでしょうね。ツアータイトルにも「VS」が付いていますし。

NAMBA でも、ライブは楽しむだけですよ。

ko-hey トータルでユニティ感が出るといいですね。

NAMBA ウソですよ。絶対、ko-heyは「ぶっ潰す」って思っている。

ko-hey (笑)。俺は、しゃかりきにやる以外の選択肢がないですからね。

——じゃあ、先攻でガッツン盛り上げて、後攻のKEN BANDの時はお客さんクッタクタとか……こんな提案もどうかと思いますが(笑)。

NAMBA それでKenくんが怒る(笑)。

ko-hey 「誰観にきたずら~!」(笑)。

NAMBA Kenくん、ムキにさせたいですねえ(笑)。


取材後ブログはこちら!
あの『Ken Yokoyama VS NAMBA69』について、NAMBA69の4人が語った!
https://rockinon.com/blog/japan/176202



次のページMV・リリース・ライブ情報
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする