バンドハラスメント、今こそ世に放つ決定打=1stフルアルバム『HEISEI』に込めたもの、そのすべて

バンドハラスメント、今こそ世に放つ決定打=1stフルアルバム『HEISEI』に込めたもの、そのすべて

今の自分たちの名刺代わりにしたいという意識がありました(渡邉)


――どんなアルバムにしたいとイメージしていました?

斉本佳朗(Dr) 「バンドハラスメント」という名前がもっともっと知られた時に、友だちから「何買ったらいい?」って訊かれて、「これだよ」と言えるような1枚にしたいという話をしていました。あと、アルバム自体のコンセプトはあまり話さずに、自由にやろうというのもありましたね。

はっこー(B) あとあとまで残ってくのはフルアルバムなんだなと、僕もリスナーとして感じてるので、一生聴いてもらえるようなものにしたいと思ってました。

渡邉峻冶(G) 今の自分たちの名刺代わりにしたいという意識がありましたね。

井深康太(Vo) フルアルバムって、いろんな色が見えるのもいいところなんだと思います。だから僕らのいろんな部分を感じてもらえることを意識して作りました。

――シングルとアルバムでは、曲作りに関して姿勢が変わる面はあります? 

斉本 ありますね。シングルだとクセを付けづらいところもあって、「スッと入ってくるような曲の並びにしないとな」という感覚があるんですけど、アルバムは引っかかる箇所がいくつかあってもいいと思うんです。あと、いろんな曲を並行して作るので、いい意味で力を抜けるところもあります。

――僕が今作を通して、リスナーとして感じたみなさんの音楽の魅力は「クセ」なんです。王道にキャッチーなサウンドのようでいて、「ん?」という要素をさり気なく香らせるじゃないですか。

斉本 パソコン上で作ると曲の全体像が見えやすいので、あとから何かを加えたり、逆に何かをなくしたりすることも簡単なんですよ。そういうことによってもクセはたくさん付くんでしょうね。

――楽器のフレーズが独特なスパイスになっている曲がたくさんありますよね。たとえば、去年シングルで出した“解剖傑作”も、ギターが不思議な雰囲気を醸し出していますし。

渡邉 “解剖傑作”のギターは、「邪魔じゃないけど主張する」みたいなことを上手いことやりたいと思って、ああなりました。

――各楽器の主張が強いものでありつつ、効果的に融合しているのがスリリングです。ベースが醸し出す空気感も濃厚ですし。

はっこー このバンドは、ボーカル、ギター、ドラムもついてる、ほぼ曲として聴ける状態でベースをつける流れが非常に多いんです。「ここは足りない、ここは足りてる」っていう全体が見えてる状態でベースを弾くので、最後の僕のベースでどうにでも持って行ける感覚が気持ちいいです。

――多彩な独特な香りが漂いつつ、キャッチーな音楽として着地している理由は、井深さんの綺麗な歌声の力も大きいのかもしれないですね。

井深 「バンドハラスメントの曲だ」とわかるボーカリストでありたいというのは思ってます。曲ごとにカラーは違ってても、「バンドハラスメントだ」という印象に辿りついてもらいたいので。


「僕はこう思うけど、あなたはどうなの?」っていう感じで問いかけるようなものはあまり好きじゃない(斉本)


――同業者から、「バンドハラスメントの曲は独特な雰囲気だよね」と言われることは、よくあるんじゃないですか?

斉本 曲を作るような人と話す機会はあまりないので、その辺はわからないですけど。

――たとえば“凡才ヘーボン”は不思議な間があったりするし、「パヤパヤ~」というコーラスは、ロックバンドとして珍しいんじゃないですかね。

斉本 こういうコーラスは、どういう音楽に入ってるんですか?

――昔のポップスとかじゃないでしょうか。

斉本 自分ではオリジナルのコーラスだと思ってました(笑)。どこかで聴いて、僕の中に残ってたんでしょうね。曲を作った時点で、このコーラスが入るイメージがありました。

――バンドハラスメントは、曲の展開のさせ方も面白いですよね。

斉本 2番のサビがある曲が、ほとんどなかったりしますからね。今回だと“ゼロショウウオ”と“月明りの下”くらい? 2番のサビがある曲が少ないのは、ライブでやっててつまらないからです(笑)。

――明快な理由(笑)。

斉本 2番でサビがあるより、Cメロを作ったり、もっと別の展開をさせるほうが楽しいんですよ。2番のサビを素直にやったほうが、お客さんを置いていかない気もするんですけど、そういうバンドにはまだなれないんです。2番を飽きさせずに持って行くことができるバンドって、すごいですよ。2番のサビを作れるようになれれば最強のバンドだと思います。

――歌詞も、個性がかなり強いですね。メッセージをダイレクトに提示するというよりも、謎かけっぽい雰囲気があるじゃないですか。

斉本 歌詞は時間をかけてこだわってます。「僕はこう思うけど、あなたはどうなの?」っていう感じで問いかけるようなものはあまり好きじゃないというか、書けないんですよね。1曲の中できれいに終わりたいということを考えながら、何か引っかかるものを入れるように考えてます。

――リスナーそれぞれで、いろんな解釈ができる余白もありますよね?

斉本 そうですね。

――僕が多くの曲で描かれていると感じるのは、「疎外感」です。“ゼロショウウオ”とか、まさにそういう曲でした。

斉本 ドラムが作詞作曲をしているという時点で、ちょっとした疎外感とか、大きな壁はあるんですよね。僕は結構嫌われやすいタイプだったし、いじめられたりいじめたりもしてきたし。あと、依存するタイプでもあるんです。彼女と別れた数ヶ月、放心状態で曲ができなかったり、付き合ったら依存しちゃって曲ができなかったり(笑)。無償の愛に依存しちゃうようなところは自分でも嫌だなと思っているので、そういう部分は曲に出てる気がします。

渡邉 僕は彼(斉本)とずっと一緒にいるので、歌詞を見ると「これは、このことだな」というのがわかります。他のメンバーも、そういう理解はかなりしているんじゃないかなと思います。

井深 佳朗は、結構自分のことを話すタイプの人間なので、僕らは曲のテーマとか内容をかなり理解できてます。僕も歌う際に、そういうイメージに近づけていくことが多い気がしますね。ドラムが作ったものを歌うという流れである以上、想いを汲み取って、いかに表現するかというのは大事です。


次のページボキャブラリーがないからこそ、「この言葉とこの言葉がくっつくんだ?」っていう発見がある(はっこー)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする