ミニアルバム『Unbreakable』に込められたラックライフがバンドを続ける理由とは?

ミニアルバム『Unbreakable』に込められたラックライフがバンドを続ける理由とは?


高校の時からのホームがなくなってしまって。「でも中身はずっとあるから大丈夫」って思って曲を書いた


――大きな別れを経て、前進しようという意志がみなぎっているミニアルバムだと思いました。順番的には、収録されている6曲の中だとどの曲が一番先にできたんですか?

「新作の『Unbreakable』に入ってる6曲の中だと、“サーチライト”と最後の“Ravers”って曲が最初にできたんですが、2曲とも僕らが高校の時から出続けた高槻RASPBERRYっていうライブハウスの曲なんです。そのライブハウスが2019年3月に閉店してしまって。閉店する当日、3月31日に最後、『高槻音家族』っていうイベントがあって。全バンドシークレットで、僕らも含めて12、13バンド出て。告知もしてないのにソールドアウトで。そこに来てる250人くらい、出演者もスタッフもお客さんも僕が大好きなみんな知ってるやつらばっかで。『全員ここで出会ったやつか』って思って。ラックライフは一番最後に歌わせてもらって。場所がなくなるのは悲しいけど、それ以上に幸せを感じてしまって。大事な入れ物はなくなってしまうけど、RASPBERRYからもらった中身はずっとあるから大丈夫な気もするって思って書いた2曲なんです」

――“Ravers”はサウンドも青春感のある瑞々しいパワーポップで。

「懐かしい感じですよね。高校の時とか、バイトのスケジュール組むのにRASPBERRYのマンスリースケジュール見ながら作ってて。RASPBERRY行ったら、違う高校の同じ年くらいの友達がいて、お世話してもらってる先輩もいて。学校以外で、『また明日!』って言える関係ってなかなかないと思うんですが、僕らはチャリンコで行ける距離にそういう場所がずっとあって。楽しいことをいっぱい教わった。それでRASPBERRYの略称をもじった曲タイトルをつけたいって思って調べてたら、『REVE』に『自由奔放』って意味があって。そういう人たちがいる場所だったので “Ravers”っいうタイトルにしたんです。閉店するラスト一週間くらい懐かしいイベントが復活したりして、僕も毎日通って、あの時と同じように『また明日』って言って別れて、また次の日会うっていうのにぐっときて、なんとか形にしたいなって」

誰かのためが自分のためになるって、綺麗ごとだって思ってたけど、体感してみて「これマジやな」って


――まさにバンドの理想像が描かれている“理想像”で書かれている「僕」は、自分がうまく呼吸できないほど苦しんでいるのに、「君の幸せを願っている」と。どういう思いを込めたんですか?

「最初は自分が目立ちたいだけで、歌が好きでボーカルをやってきたのに、誰かに届くようになってから、だんだんバランスが変わってきて。喜んでもらえるから歌えるというか。誰かのためが自分のためになるんやなって。それってよく聞く綺麗ごとって思ってたけど、実際体感してみて『これマジやな』って。音楽ってすごいなって思いました(笑)。“理想像”は書きながら、『自分のことこんな全部書いていいんかな。もっとかっこつけたり、取り繕ったりしたほうがいいんかな』って思ったけど、そういう曲って自分で歌ってておもしろくないんですよね。『ここ嘘で~す』『これあんま思ってませ~ん』って思っちゃう(笑)。といっても、嘘書いたことないですけどね(笑)」

――パワフルな“理想像”“サーチライト”ときて、3曲目の“Don’t you say”はゆるい日常感があって。その対比もリアルですよね。

「これは情けない曲ですよね(笑)。オフの俺がそのままなんで、これも書いてて『いいんかな』って思いましたけど。この曲の前に“サーチライト”を燃えながら歌ってたのに、その感じ“Don’t you say”に全然ないわって思って、だらだらしながら録りました(笑)。リアリティありますよね。そういう力強い日ばっかじゃないよみたいな」

――そういう意味でいうと、“けんけんぱ”という曲もおもしろいですよね。言葉遊びが多用されてて、あと曲展開も自由で。

「なんでこの言葉が出てきたか自分でもわかんないんですよね(笑)。僕、最初メロディから作るタイプなんですけど、近所の川にアコギ持っていって、ジャカジャカ弾いてる時に、適当に口が動いて。それでできたやつをメンバーに持ってって、アレンジして。この展開のおもしろさはメンバーに助けてもらってるところかもしれないです。それで歌詞を一番最後につけました」

次のページ「バンドを続ける体力と熱量があるのか?」みたいなことすごい考えてて……あるし!って(笑)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする