新体制となった「ぜんぶ君のせいだ。」。5thアルバム『或夢命』が示す現在地とは?

新体制となった「ぜんぶ君のせいだ。」。5thアルバム『或夢命』が示す現在地とは?

この5人になったことによって、新しい化学反応がいっぱい起きてるんだと思います(ましろ)


――編成の変化は、やはりみなさんにとって大きな出来事でしたよね?

如月愛海(きさらぎめぐみ) そうですね。でも、良くも悪くも自分たちはメンバーの脱退を繰り返してきたグループですので、すんなりと受け入れられました。

一十三四(ひとみよつ) 4人でずっとやってきた曲を5人でやる見せ方を考えるのは大変でしたけど。

ましろ でも、5人になるとステージでできるパフォーマンスが増えるので、新しい楽しさを感じられるようになってます。

――新しく加入したおふたりは、どんなことを感じていました?

凪あけぼの 「最初からこんなにリリースするの!? こんなに長いツアーするの⁉」って思っていたんですけど、終わってみるとあっという間でした。

征之丞十五時(ゆきのじょうおやつ) 十五時は、もともとぜんぶ君のせいだ。が好きだったので、リリースのペースがすごいのも知っていて、ついてけるのか不安だったんです。でも、ずっとぜん君。を続けてきた3人が道しるべになってくれて、わからないこともたくさん教えてくれました。

――十五時さんの歌声は、グループとしての表現の幅も広げましたよね?

如月愛海 ほんとそうですね。

征之丞十五時 十五時は、かわいい声の女の子が好きなんですけど、自分はそうじゃないのでコンプレックスに近かったんです。でも、ここに入って歌ったら、みんなが褒めてくれたんですよね。自分の声が好きになりました。

一十三四 十五時が入ったことによって、曲のバリエーションが増えたところもありますからね。再録アルバムでも、ハモりを入れたりできましたし。

ましろ この5人になったことによって、新しい化学反応がいっぱい起きてるんだと思います。

――新しい化学変化が起きているというのは、ぼのさんも十五時さんも、居場所を見つけられているということでもあるのでは?

凪あけぼの はい。ぼのは、ずっと「バカ」って言われて生きてきたんです。失敗して上手くいかないことも多かったんですけど、ぜん君。に入ったら、アホなことをしてもメンバーが何度も手を差し伸べてくれるんです。だからめげそうな時も立ち上がることができてます。

征之丞十五時 自分もぜん君。に入る前は、ずっと居場所を探し続けていたんです。人生の賭けだと思ってオーディションを受けて、飛び込んでみたら居場所を見つけられて幸せです。

ましろ 僕たちは、みんな他の場所にいられないというか。癖が強くて理解してもらえないところがいっぱいあるんですけど、ぜんぶ君のせいだ。は、そういうのを素直に出せる場所なんですよね。

「今のぜん君。を出したら自然とこうなった」というのが、今回のアルバムです(如月愛海)


――他人に理解されなくて、居場所がない感覚を抱いている人って、少なくないと思うんです。みなさんが居場所を見つけて輝いている姿は、そういう人たちにとって、すごく救いになっているんじゃないですかね?

如月愛海 ぜんぶ君のせいだ。を、そういう場所にしたいんですよね。患いさん(ぜんぶ君のせいだ。のファンの呼称)も、いられる場所にしたいんです。

ましろ ぜんぶ君のせいだ。も、もともとは世間の中で居場所がない系(笑)。僕たちは、それでもどんどん大きいところに行くつもりです。居場所がなかった僕たちと、居場所がなかった患いさんが、みんなで一緒になって世間にも響くような音楽をやるっていうのは、すごく夢がありますし、「やってやろう!」って思ってます。

如月愛海 まだまだやれることがいっぱいあると思ってますからね。それが5人になって増えました。居場所を広げることができるというのも、今、実感しています。

ましろ 5人になったぜん君。をまだよく知らない人にも、「こんなに新しいことができるようになって、かっこよくなったんだけど」って、知ってもらいたい気持ちでいっぱいです。今までだったら作れなかったようなアルバムも作れましたから。

如月愛海 曲を作っている方々は、常にぜん君。の様子を見てくれていて、今の自分たちに合うようなものを出してくださるんです。だから、「今のぜん君。を出したら自然とこうなった」というのが、今回のアルバムですね。

一十三四 今までのアルバムもそうなんですけど、今回も「ぜんぶ君のせいだ。密着24時間」みたいな感じなんだと思います。

――“ぜんぶ僕のせいだ。”に代表されるように、自然な形で前向きさを歌えるようになった姿を感じるアルバムでもありますよ。

凪あけぼの “ぜんぶ僕のせいだ。”は、歌詞が昔の自分に重なるところがあって、ライブでやると泣いちゃうんですよ。

一十三四 いただいた時、「今だから歌える曲だな」と感じました。新しく加入したふたりによって、今までとは違う温かさがぜん君。に生まれたというか。全員で患いさんにもっと目を向けられるようになったんですよね。

次のページぜん君。は、後ろに下がるのが下手ですし、待つことも嫌いだし、せっかちが集まってるんです
公式SNSアカウントをフォローする

邦楽 人気記事

最新ブログ

フォローする