「ビールの味は、バンド同士が仲良くなる味です」音楽とキリン一番搾りの素敵な関係――KEYTALK・寺中友将&小野武正編

好きで飲んでた一番搾りなんですけど、いろんな方々を巻き込んでおります(笑)(小野)

  • 「ビールの味は、バンド同士が仲良くなる味です」音楽とキリン一番搾りの素敵な関係――KEYTALK・寺中友将&小野武正編
  • 「ビールの味は、バンド同士が仲良くなる味です」音楽とキリン一番搾りの素敵な関係――KEYTALK・寺中友将&小野武正編
  • 「ビールの味は、バンド同士が仲良くなる味です」音楽とキリン一番搾りの素敵な関係――KEYTALK・寺中友将&小野武正編
  • 「ビールの味は、バンド同士が仲良くなる味です」音楽とキリン一番搾りの素敵な関係――KEYTALK・寺中友将&小野武正編

――一番搾りと一緒に食べたいお料理は、何か思い浮かびます?

小野 具体的な料理よりも前に、理想の環境で飲みたいというのがまずあります。野外でバーベキューとかをしながら飲んだら、絶対においしいですよ。一番搾りって、大自然にもマッチするビールでもあると思います。

寺中 俺は魚が好きなので、そういう点でも一番搾りは、いいんですよね。刺身とめちゃくちゃ合いますから。スーパーでよく刺身の塊を買うので、最近はブリと一番搾りにハマっております。

小野 ブリと一番搾り! いいなあー!!

――KEYTALKの曲も、一番搾りと合うものが多い気がするんですけど、どう思います?

小野 KEYTALKは夏の曲が多いので、合うんでしょうね。そういえば、“Monday Traveller”には、一番搾りの音が入ってるんですよ。

寺中 あの曲のラストの「プシュッ!」は、一番搾りの音です。

――そうなんですか!? 他に一番搾りに合う曲として思い浮かぶのは?

小野 “orange and cool sounds”ですかね。

――武正さんが作曲した曲ですね。

小野 はい。歌詞にも《beer》って入ってるんですよ。

――巨匠が作った“エンドロール”も、海辺で一番搾りを飲みながら聴いたら、最高だと思います。

寺中 俺、海が大好きなので。海行ったら、絶対に一番搾りを飲みますね。

――“One side grilled meat”も、一番搾りにぴったりじゃないですか?

寺中 なるほど。たしかに、KEYTALKの曲は、一番搾りに激しく合うのかも。

――バンドマンは、ビール好きが多いですよね?

寺中 ビールは、みんな好きだと思います。

小野 ビールが嫌いなバンドマンは、あんま見たことないかも。

――ビール好きが多いロックバンドシーンの中でも、KEYTALKは断トツのイメージがありますよ。

小野 義勝さん(首藤義勝/Vo・B)も、八木くん(八木優樹/Dr・Cho)も一番搾りが大好きですからね。

寺中 僕らのライブを観に来てくれる方々も、「KEYTALK=一番搾り」というイメージが強いみたいで、差し入れでいただくことがよくあります。

小野 好きで飲んでた一番搾りなんですけど、いろんな方々を巻き込んでおります(笑)。

――今やKEYTALKは、日本を代表する一番搾りバンドと言っても過言ではない?

小野 はい!

寺中 そのイメージで行きたいです(笑)。俺、最近、一番搾りを飲みながらNintendo Switchのカラオケをよくしてますし。

小野 聴こえてきますよ。隣から。

寺中 そんな近いところ住んでないから。

小野 「巨匠、歌ってるってことは、一番搾りを飲んでるぞ。俺も飲んじゃおうかな。プシューッ!」って(笑)。

ビールの味は、バンド同士が仲良くなる味です。思い出しますもん。「あの時、こういう話したなあ」とか(小野)

「ビールの味は、バンド同士が仲良くなる味です」音楽とキリン一番搾りの素敵な関係――KEYTALK・寺中友将&小野武正編

――ライブの打ち上げもビールが定番ですよね?

寺中 やっぱ、そうですね。対バンイベントの時は、「ライブが終わったらビールで乾杯しよう」って会話によくなります。

――ビールは、バンド同士が仲良くなるきっかけにもなっているのでは?

小野 めっちゃそうですよ。ビールの味は、バンド同士が仲良くなる味です。思い出しますもん。「あの時、こういう話したなあ」とか。

寺中 打ち上げの最初は、大体ビールだよね?

小野 うん。だから、そう考えると、バンド活動とビールって、すごく密接な関係なんです。

寺中 特にロックとビールが紐づいているっていうのは、言い切れると思います。

小野 僕らの日常にも、ビールは欠かせないですからね。

――メンバーの中で一番搾りと武正さんだったら、どっちが好きですか?

小野 なんてことを訊くんですか! 絶対に僕に決まってるじゃないですか。

寺中 …………………………………………あれ? 「一番搾り」ってすぐに答えたの、聞こえなかった?

小野 えええっ!?

寺中 まあ、本人を前にして、あんま言えないですけど。

――武正さんは、一番搾りと巨匠と、どっちが好きですか?

小野 一番搾りです!

寺中 …………………………………………KEYTALKはそんなバンドです(笑)。

小野 一番搾りがあるから、今、こうして成り立ってるKEYTALKです(笑)。一番搾りと共にここまで来ました。

――「子はかすがい」って言いますけど、KEYTALKの場合、「一番搾りはかすがい」?

寺中 はい。仲を取り持ってもらってます。

小野 間違いない(笑)。KEYTALKの活動を通じて、一番搾りのおいしさも世界に広めたいですね。今はこういう状況ですからできないですけど、いろいろ落ち着いたら一番搾りを持って、世界ツアーにも行きたいです。世界中の人が好きな味だと思うので。

寺中 音楽とおいしいお酒は、国境を越えられるはずですからね。

――この記事を読んで一番搾りに興味を持つ人がいると思いますが、何か伝えたいことはあります?

小野 改めておすすめするまでもなく、「まあ、飲んでください」という感じですね。まだ飲んだことがない成人がいるならば、コンビニとかで買って、ぜひ飲んで欲しいです。僕たちがこのインタビューで言ってたことが、よくわかると思うので。「なるほど」と思った後は、大好きになるはずです。飲みやすいですし、おすすめです!

寺中 KEYTALKを好きでいてくれる人たちは、未成年も多いので、「20歳になったら、どのビールを飲んだらいいですか?」っていう質問を、お手紙やSNSでいただくことも、めちゃくちゃ多いんですよね。俺はいつも一番搾りをおすすめしてます。試しにビールを飲んでみたい人、20歳になったらビールを飲んでみたい人には、ぜひ最初に一番搾りを飲んで欲しいです。

次のページ商品情報
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする