さよなら、また今度ね@TSUTAYA O-WEST

さよなら、また今度ね@TSUTAYA O-WEST - all pics by 本田 裕二all pics by 本田 裕二
9/3に最新ミニアルバム『夕方ヘアースタイル』をリリースしたさよなら、また今度ねの、東名阪レコ発ツアー・ファイナル。先に行われていた名古屋編&大阪編は、6月に東京でindigo la Endと繰り広げた対バン「先輩、あざーす!!」の続編的な3マンで、名古屋ではindigo la Endと忘れらんねえよ、大阪ではヒトリエと忘れらんねえよを迎えたステージだった。そして辿り着いた東京公演の舞台は、バンドのワンマン史上最大キャパとなる渋谷・TSUTAYA O-WESTであり、チケットを見事ソールド・アウトさせての開演だ。大瀧詠一“君は天然色”を登場SEに、さよ今の4人が賑々しく姿を見せる。渋谷悠(Dr)はカエルの被り物の上に更に飾りを付け、菅原達也(Vo)は大量のシャボン玉を噴出するおもちゃを携えての登場だ。

さよなら、また今度ね@TSUTAYA O-WEST
オープニングは新作から“ミルクアイス”で、佐伯香織(B)によるリード・ヴォーカルの背中を追うように、菅原の歌声が続く。彼の歌の節回しには、何かに駆り立てられているような性急さがあり、それがときにフェロモンのように強い色気を匂い立たせる。つまり青いリビドーと隣り合わせのフェロモンである。「今日は、新しいミニアルバムの曲は全部やるし、それ以前の曲もちょこちょこやって。そんな感じで、よろしいでしょうか? とにかく今日は燃え尽きるまでやるんで、最後まで付いて来てください!」と、序盤のうちに満場のオーディエンスに宣言し、過去作から“2秒で手に入る”や“ジュース”といったパンチの効いたポップ・チューンを繰り出してゆく。

さよなら、また今度ね@TSUTAYA O-WEST
『夕方ヘアースタイル』収録曲に差し掛かろうとするたびに、歌詞も踏まえて説明役を買って出るのは佐伯。“配管工と姫と怪獣の歌”については、「この4人でバンドを始めた頃からあった曲で、今回ようやく音源化できたんですけど、その頃はタイトルが違って、もっとキャッチーな……」。それを受けて菅原、「要は、マリオとピーチ姫とクッパなんだけど、ぜったい怒られるじゃん」と告白。しかし、「新作が出るたびに、ピーチ姫はクッパに攫われるじゃないですか。それを定期的に助けて。定期的に会いにいく、そういう、定期的な何かが欲しいと思ったんですよ」と、熱弁を振るう。童心と、大人の身体が常にせめぎあう菅原の歌詞世界は、こういったテーマとメロディ・フリークぶりも加味されて胸を搔き毟るようなラヴ・ソングへと昇華されていく。

さよなら、また今度ね@TSUTAYA O-WEST
それにしても、現在のさよ今のライヴは凄い。以前なら、表現したい思いが体中の穴という穴からメロディと一緒にだだ漏れになる印象だったパフォーマンスが、より無駄無く強靭な演奏へと落とし込まれるようになった。コンビネーションはドンピシャリで決まりまくり、とりわけ菊地椋介(G)のプレイは鮮やかなタッピングからゴリゴリと強烈なリフ、美しいサイケ・フレーズの演出力まで、ほとんどギター・ヒーローと言えるような存在感を放っている。気持ちが先走ってだだ漏れになる感じもさよ今の「らしさ」であり「味」だったわけで、その意味では少々寂しさを感じる部分もあるのだが、パフォーマーとしての成長は確かに、オーディエンスを熱狂へと結びつけている。華やかなポップ・チューン“輝くサラダ”や、思考と共に一言一句を噛み締めるように歌われる名曲“素通り”もくっきりとした音像で深い余韻を残し、「私の解釈では、皆さんが夕方で、私たちがカミナリだと思う。どうですか?(佐伯)」「その通り!(菅原)」と、表現者としてもたらす影響力を自覚し、ストーリーとしてしたためた“夕方とカミナリ”に繋いでゆく。

さよなら、また今度ね@TSUTAYA O-WEST
“信号の奴”をフィニッシュすると、渋谷は先頃公開された“クラシックダンサー”のMVについて、CGアニメーションを合成するために撮影時は背景をグリーンバックにしなければならなかったこと、そうするとカエルの被り物も色が混ざって顔だけが浮かび上がってしまうため、今回の撮影ではカエルの姿にならなかったことを説明し、「これだけは言っておきたかった」とやたらに強調する。すると菅原、「クソガエルが頑張ったんですよ。アレンジとかで。そのドラムの部分だけ、聴いて貰えればと思います」と、“クラシックダンサー”に向かうのだった。いや、確かに、4つ打ちビートにもシャッフル感を持ち込み、同期をモニターしながらのプレイに生々しい躍動感をもたらしていた今回の渋谷の活躍は見事だったが、決してそれだけではない。《恋をするとお腹がポカポカするの》という必殺ラインからもわかるとおり、詩情をありのままにオーディエンス/リスナーの身体に刻み付ける“クラシックダンサー”のキラー・チューンぶりは、本当に素晴らしいのだ。

さよなら、また今度ね@TSUTAYA O-WEST
いよいよの本編クライマックスは、性急な“瑠璃色、息白く”から、オーディエンスの歌声をがっちりと受け止める“僕あたしあなた君”。最後まで頼もしいままのバンド・サウンドで駆け抜けたさよ今であった。「アンコールやりたいから、呼んでね」とわざわざ念を押す菅原だったが、アンコールの1曲目はこの日最高のヘヴィな轟音ロックンロールでぶっ放す“世界の結婚式”。むちゃくちゃかっこ良かった。そして“ギンビス ~頭3才未満の唄~”をパンキッシュに叩き付けると、“シャボン玉”の歌を誘って、ステージを後にした4人。1年ぐらい前からこの天井の高いO-WESTでワンマンをやりたい、と考えていたと言う菅原は、その成就に浸るのもそこそこに「隣にもっと大きいとこあるでしょ。O-EAST? 今度はそこでやろうよ」と新たな野心を燃やしていた。ぜひ実現して欲しいし、どんどん成長してゆくさよ今を見ていたい。そんなふうに夢を繋いでくれる、素晴らしいワンマンであった。(小池宏和)

■セット・リスト

01.ミルクアイス
02.踏切チック
03.2秒で手に入る
04.ジュース
05.砂かけられちゃった ~関くんへ編~
06.配管工と姫と怪獣の歌
07.輝くサラダ
08.いいわけの鉄拳
09.素通り
10.夕方とカミナリ
11.窓娘
12.信号の奴
13.クラシックダンサー
14.Q
15.瑠璃色、息白く
16.僕あたしあなた君

(encore)
17.世界の結婚式
18.ギンビス ~頭3才未満の唄~

最新ブログ

フォローする