the HIATUS@日本武道館

the HIATUS@日本武道館
「テンションが上がり狂って、わけわかんなくなっちゃう前に言っとくわ。今日は、俺たちをここ日本武道館に連れてきてくれて、どうもありがとう!」。開演早々クライマックスのような熱気にあふれていた満場のオーディエンスに、晴れやかな表情で語りかける細美武士。その言葉が日本武道館を怒濤の大歓声に包み、さらなる高揚感の彼方へと導いていく……7月23日・新木場STUDIO COASTでファイナルを迎えたthe HIATUS史上最長の全国ツアー「Keeper Of The Flame Tour 2014」の追加公演=「the HIATUS Closing Night - Keeper Of The Flame Tour 2014 -」、12月22日・日本武道館。これまで夏フェスをはじめ、彼らが巨大なステージに立つ機会は幾度もあったが、武道館狭しと熱く噴き上がる魂と熱気の密度は桁違いに濃く、強い。不屈の闘争心と、沸き立つオルタナティヴ精神と、揺るぎないプライドをもって、ひとりひとりのリスナーと誠実に響き合ってきたthe HIATUSの音楽が、ついに鳴るべきスケール感でもってワンマン・ライヴの場で鳴り渡った、記念碑的な一夜だった。

the HIATUS@日本武道館
暗転した会場内に轟々と歓声が渦巻く中、ステージを覆う紗幕にグラフィックが浮かび上がり、ステージ背後と舞台上に設置されたLED照明が1曲目の“Roller Coaster Ride Memories”とともに鮮烈なイマジネーションを喚起していく。やがて紗幕が落とされ、細美武士(Vo・G)/masasucks(G)/ウエノコウジ(B)/柏倉隆史(Dr)/伊澤一葉(Key)の姿が現れた瞬間、割れんばかりの歓声が巨大な空間を震わせていく。多幸感とともに荘厳さにも似た空気が会場を支配したところへ、“The Ivy”の熾烈なアンサンブルが吹き荒れ、スタンディング・アリーナも1階・2階客席も歓喜の業火に包まれる! さらに“The Flare”へ流れ込んで、武道館激震のエモーショナルな熱狂空間を生み出していく。名目的に言えば「最新4thアルバム『Keeper Of The Flame』を携えたツアーの追加公演」なのだが、1st『Trash We'd Love』、2nd『ANOMALY』、3rd『A World Of Pandemonium』の楽曲群も含めた自らの足跡のすべてを、オーディエンスとともに辿り着いた今この場所に刻み付けようとするかのような、渾身の内容だった(中でも、アンコールまで含め全23曲の中で1stアルバムから8曲も披露していたのは驚いた)。何より、5人がこの日のステージで鳴らしていたのは、常に己に試練と鍛錬を課すことでリアルで切実な表現たり得てきた、the HIATUSというフォーマットの奇跡的な在り方そのものだった。

the HIATUS@日本武道館
the HIATUS@日本武道館
ヴォーカル/ギター/キーボード/ベース/ドラムというロック・バンドの編成ながら、ロックすら俯瞰し超越するかのように、己の楽曲とアンサンブルを研ぎ澄ませてきたthe HIATUS。そのオルタナティヴ精神は、音楽シーンに対して向けられたものであると同時に、定型化したロックという表現そのものへ向けられたものでもあった。彼らは安易や共感や一夜限りの享楽感には目もくれずに、ひたすら自らの音と歌を磨き上げ続け、アレンジを向上させ、訴求力とスケール感を日々高めてきた。細美はじめメンバー自身が、その時々で鳴らす音に、己の存在証明を焼きつけるために。さらに会場をでっかく揺らしてみせた“Storm Racers”“Centipede”や一面のクラップとシンガロングが沸き返った“Monkeys”も、細美がアコースティック・ギターを構えての“Deerhounds”“Bittersweet / Hatching Mayflies”“Superblock”という『A World Of Pandemonium』の流れも、すべてが気高さと開放感に満ちていた。

the HIATUS@日本武道館
the HIATUS@日本武道館
中盤の“Horse Riding”の前には、5年ぐらい前に矢野顕子から「アメリカのフェス会場の聴覚障害者ブロックで、手話通訳の人が音楽に乗りながら歌詞を通訳して、耳の聴こえない人たちも一緒に音楽を楽しんでいる動画」をメールで教えてもらった、と語る細美。「今日はそれをやってみようかなあと思って」と手話通訳者・ペン子を招き入れ、実際に“Horse Riding”の演奏に合わせて、ペン子が歌詞を手話で再現。しなやかな演舞のような手話のアクションとともに、アコギの調べと軽快なビートが武道館に優しく広がっていく。さらに、“Tales Of Sorrow Street”“Souls”の2曲では、この晴れ舞台にLAから駆けつけたゲスト・シンガー=ジェイミー・ブレイク(ex. The Rentals)も参加。ジェイミー&細美のハーモニーとペン子の手話、精緻かつ伸びやかな演奏が、鮮やかなタペストリーを編み上げていった。

the HIATUS@日本武道館
「俺さ、お前らが楽しそうに笑ってる顔見るのが、この世で一番好きなんだけどさ。普段だったら、こっち(正面)しかねえんだけど、今日は横見ても、上見ても……俺、超好きかもしんない、この景色!」と武道館の舞台に立った感慨を語り、「誰の助けも借りねえで、どこまでだって行けると思ってるけど。この景色を今日、お前らと共有できたのは、最高に嬉しいです!」と熱気あふれるアリーナと客席に呼びかけていた細美。『Keeper Of The Flame』から披露した“Thirst”“Unhurt”での、ハイブリッドな質感のサウンドをぐいぐいと牽引してシンガロングへと誘う、ハンドマイクの細美の躍動感とグルーヴ感。そこから突入した“Lone Train Running”で広がる、見果てぬ地平への疾走感……the HIATUSが体現してきた真摯なクリエイティヴィティと、時代と向き合う表現者としての決意が、高次元で融け合い、至上の風景を描き出していく。“Something Ever After”が凛とした切迫感とともに響いた後、“Insomnia”からライヴは一気に終幕へ向けて駆け出していく。「行こうぜ!」という細美のシャウトに続けて、もう止まらないシンガロングの嵐! “紺碧の夜に”のダイナミックなアンサンブルにオーディエンスが武道館激震のジャンプで応えた後、真っ白に照らされた会場に鳴り渡ったのは、1st『Trash We'd Love』のオープニング・ナンバー“Ghost In The Rain”だった。20曲を1時間半ほどで駆け抜けて……本編終了。

アンコールでは“Twisted Maple Trees”に続けて“Silver Birch”へ突入して再び場内熱狂、メンバー5人が手を取り合って一礼して大団円……かと思いきや、終演SEが流れてもアンコールを求めて鳴り止まない場内一丸の手拍子に応えて、三たび5人がオン・ステージ! 「こうやって、でかいとこでやるたんびに思うんだけど、似合わない、俺たちには!」と、オフマイクでも通る声で満場の武道館に語りかけ――いや叫びかける細美。「武道館はやってみて、すごい楽しくて、好きになったけど、やっぱりお前らまでは遠いし。だから、また、どこかの街の、汚ねえ路地裏で会いましょう!」。雄叫びのような大歓声が轟く中、正真正銘この日のラスト・ナンバーは『Keeper Of The Flame』から“Waiting For The Sun”。♪ウォーオーオー と力強く響き渡る会場一丸のコール&レスポンスは、the HIATUSとオーディエンスとの固い絆そのものだった。

この日はライヴDVD作品のために映像収録されていることを明かしつつ、「たぶん一生に一回しか武道館はやらない」とも話していた細美。だが、終わった瞬間に誰もが「もう一度ここでthe HIATUSを観たい!」と切実に感じたに違いない、と思わせるだけのヴァイブとエネルギーが、この日のアクトの隅々にまでみなぎっていた。そして、大阪フェス「RADIO CRAZY」(27日)、名古屋イベント「-DESTROY YOUR FUCKIN' WORLD- new T.W.I.M BOMB NIGHT vol.17 2014 FINAL」(29日)に続き、「COUNTDOWN JAPAN 14/15」@幕張メッセの3日目=12月30日・EARTH STAGEのトリとして登場!(高橋智樹)

■セットリスト

01.Roller Coaster Ride Memories
02.The Ivy
03.The Flare
04.My Own Worst Enemy
05.Storm Racers
06.Centipede
07.Monkeys
08.Deerhounds
09.Bittersweet / Hatching Mayflies
10.Superblock
11.Horse Riding
12.Tales Of Sorrow Street(feat. Jamie Blake)
13.Souls(feat. Jamie Blake)
14.Thirst
15.Unhurt
16.Lone Train Running
17.Something Ever After
18.Insomnia
19.紺碧の夜に
20.Ghost In The Rain

(encore1)
21.Twisted Maple Trees
22.Silver Birch

(encore2)
23.Waiting For The Sun
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする