WANIMA/お台場・潮風公園 太陽の広場特設ステージ

WANIMA/お台場・潮風公園 太陽の広場特設ステージ - All photo by 瀧本 JON... 行秀All photo by 瀧本 JON... 行秀
●セットリスト
1.ここから
2.夏の面影
3.Hey Lady
4.ララバイ
5.1CHANCE
6.リベンジ
7.BIG UP
8.SLOW
9.オドルヨル
10.いいから
11.CHARM
12.1106
13.ともに
14.THANX
15.これだけは

<アンコール>
16.HOPE
17.エル
18.やってみよう

WANIMA/お台場・潮風公園 太陽の広場特設ステージ
「『Gotta Go!!』リリースパーティ、初日の最終日(笑)、ようこそ〜!」(KENTA/Vo・B)。エンタメサイト「uP!!!」主催のショーケースイベント「uP!!!NEXT WANIMA 〜Gotta Go!! Release Party~」は、全編ハイライトとも言える壮絶な盛り上がりの中に、現在のWANIMAが放つ勢いと魅力のすべてが浮かび上がるライブだった。「日本で一番WANIMAが好き、WANIMAです!」のお馴染みの口上から《はじまる ここから》(“ここから”)と幕開けを宣言。《お台場の面影》のアレンジで沸かせた“夏の面影”、壮大なシンガロングを巻き起こした“Hey Lady”。序盤にして「やべえみんな本気だ、どうしよう、ああいいぞ!」とKENTAがこぼすほどの絶景を作り出していく。
WANIMA/お台場・潮風公園 太陽の広場特設ステージ
WANIMA/お台場・潮風公園 太陽の広場特設ステージ
中盤戦、満を持して“ララバイ”が披露される。この曲は言葉数が膨大だ。そして彼らの曲は大部分にコーラスが設けられている。それもハモってメロディアスにするのではなく、ユニゾンで力強さを強調する。だからこそ歌モノにとって最も重要な歌のよさが最大化されているというわけだ。さらに、ベースボーカルとなるとギターの彩りが重要になってくるが、短いリフ、キメ、間奏などを除きKO-SHIN(G・Cho)はあえてシンプルなコード弾きやオクターブ奏法といった力強い演奏をする。歌も音も、スリーピースというメンバーの少なさを逆手に取り、3本の矢をひとつの大きな大砲にする。それがWANIMAの音楽を日本中に広めるほどの勢いを生むのだということが、今日のように5000人規模、あるいは数万人クラスの会場で観ているとよくわかる。
WANIMA/お台場・潮風公園 太陽の広場特設ステージ
WANIMA/お台場・潮風公園 太陽の広場特設ステージ
WANIMA/お台場・潮風公園 太陽の広場特設ステージ
“1CHANCE”、“リベンジ”、“SLOW”のレゲエ風パートは、陽が傾き、空が赤く染まり、潮風と緑に囲まれた環境で聴くにはあまりに気持ちよかった。野外の彼ら、個人的には今後もっともっと観てみたい。“オドルヨル”のファンク風ギター&ダンスビートで飛べや踊れや狂騒パーティを楽しんだあと、今回も鹿児島からあの人が駆けつけてくれた。「いやすごかったね〜、セイヤセイヤセイヤ!」、長渕剛(FUJI/Dr・Choによるモノマネ)だ。そんな御大が披露したのはまさかのナンバー、“青春アミーゴ”である。もう1曲続けようとするコントを経て“いいから”へ。熱狂を加速させてゆく。
WANIMA/お台場・潮風公園 太陽の広場特設ステージ
WANIMA/お台場・潮風公園 太陽の広場特設ステージ
WANIMA/お台場・潮風公園 太陽の広場特設ステージ
WANIMA/お台場・潮風公園 太陽の広場特設ステージ
後半戦の口火を切ったのは、「この歌をお守りにという気持ちだけ届けばいいなと思ってます」(KENTA)と“CHARM”だった。《星の数 祈りを…》という“夏の面影”もそうだけれど、この曲には音楽の原風景というか、もともと儀式で祈りを捧げるためのものであったりした音楽本来の力があるというか、まあそんな妄言は置いておいたとしても、何か大事な気持ちを預けたくなるような、疾走感に加え全力で抱きしめてくれるようなスケール感があると感じた。かと思えば何かを投げつけるようなアクションとともに“1106”が熱唱されるのだからたまらない。で、こういったグッとくる曲の終わり際にもう一度大事な部分をゆっくりとくり返すあれ、とてもいい。本当に、胸が熱くなる。
WANIMA/お台場・潮風公園 太陽の広場特設ステージ
WANIMA/お台場・潮風公園 太陽の広場特設ステージ
WANIMA/お台場・潮風公園 太陽の広場特設ステージ
無償の肯定を5003人が叫んだ“ともに”、KENTAが約10年前、18歳のときに作ったという“THANX”を経てあっという間にラスト。“これだけは”、《戦い続けイマを塗り替えて》の宣誓が誇り高く響き渡った。そもそもフリーライブの本公演は、アンコールまでサービス満点だった。なんとその場でリクエストを募ったのだ。しかも“HOPE”と“エル”に決まったところでいざ演奏へ、と思ったら“やってみよう”コールが発生、結果3曲に。さらにクジ引き大会まで行われた。チケットの半券に記載された番号から、抽選で3名に豪華プレゼントが。最後はKO-SHINのたどたどしい(笑)、いや彼らしい1本締めにて見事終幕。最高の祝祭となる素晴らしい1日であった。(秋摩竜太郎)
WANIMA/お台場・潮風公園 太陽の広場特設ステージ
WANIMA/お台場・潮風公園 太陽の広場特設ステージ

終演後ブログはこちら↓
【速報】WANIMA、『Gotta Go!!』リリパ初日の最終日(笑)を観た!
http://ro69.jp/blog/ro69plus/161662

最新ブログ

フォローする