ディアフーフ @ 恵比寿リキッドルーム

ディアフーフ @ 恵比寿リキッドルーム - ディアフーフディアフーフ
ディアフーフ @ 恵比寿リキッドルーム - ディアフーフディアフーフ
最新作『Offend Maggie』を携えての待望のジャパン・ツアーである。大阪、名古屋と巡って、今夜がファイナルとなる東京公演@恵比寿リキッドルーム。フロアは早くから大勢のお客さんで賑わっている。当方、ディアフーフのライブはこれが初体験。ツアー決定時から指折り数えて楽しみにしていたので、期待感に胸を膨らませて会場に赴いた。

ディアフーフの登場は、時計の針が午後8時を指そうというころ。大歓声のなか4人が姿を現して、まず驚いた。そのイビツなバンドの佇まいに。というのも、えらい小さいのである。日本人のフィメール・ボーカリスト:サトミ・マツザキが。何というか、大人の中にひとりだけ中2の女の子が混じっているような印象で、グレッグ(Dr)がドラム・セットに座ってちょうど同じくらいの背丈になる、といった具合。そしてライブが始まって再び驚かされた。というのも、スッカスカなのである。4人の奏でるバンド・サウンドが。新作同様“Tears and Music ofLove”からの幕開けで、ガツンとくる肉厚な音を想像していたからちょっと拍子抜けしてしまったが、曲を重ねるごとに音圧ギアもアップ。余分な添加物のない、素材の旨みを活かした絶妙なアンサンブルに聴衆はみるみる酔わされていった。とにかくグレッグのドラミングがハンパじゃなくて、シンバル/ハイ・ハット/タム/バスドラという至極シンプルなセットから、アタックの強い、フリーキィにして自由闊達なビートを量産。見ているだけである種のカタルシスを感じさせてくれるくらい、壮絶なドラミングだった。バンド・サウンドも前衛的かつアグレッシヴ。それぞれに音を掻き鳴らして音を四方に拡散させたかと思いきや、次の瞬間、一気に濃縮させてウォール・オブ・サウンドを出現。バンドが温まってきた中盤の「Buck and Judy」→「Perfect Me」あたりの演奏はとんでもないことになっていて、正気の沙汰を超えた狂おしいほどのグルーヴ感でオーディエンスを圧倒。演奏が終わると間欠泉のように「フォ――ッ!!!」というオベーションが湧き上がるといった具合で、リキッドの熱量は終始右肩上がりで上昇していくのだった。

その人柄も魅力的で、「サンキュー!」と声援に応えたサトミにグレッグが日本語でダメ出し――サトミサン、チガウヨ。アナタ日本人。「アリガトウゴザイマス」デショ! これには場内大爆笑。「リキッドルーム、スキ〜。リキッドルーム、スキ〜」といった怪しげなグレッグの日本語MCには腹抱えて笑わせてもらいました。ジョン・ディートリック(G)のステージングも目に楽しくて、軽やかにジャンプしたりバウンスしたり、マイケル・J・フォックスばりの軽快なステップにこっちも踊り出さずにはいられない。新加入のエド・ロドリゲス(G)との息もぴったりで(何でもふたりは15年ほど前にバンド・メイトだったそう)、エドの存在によってジョンもまた思いっきりマイケル・J・フォックスできるという好循環を生んでいた。

終盤の“Milk Man”では、巨大なバナナとストロベリーを抱えてミルクマンが登場! そう、アルバム・ジャケットに描かれたあの真っ白なキャラクターがステージ袖から駆け込んできて、ステージ前で狂ったようにダンシング(最後の方は明らかに息切れしてたけど・笑)。アンコールでは、ベースをジョンに託したサトミがハンド・マイクでステージ前へ。そしてコミカルな振り付けで“Basket Ball Get Your Groove Back”を熱唱。最後に今一度リキッドを最高潮に持ち上げて、盛大なアプラウズのなかライブはフィナーレを迎えたのだった。そうそう、iTunes限定でライブ・アルバム『Live Session EP』がリリースされたばかりなので、残念ながら来場の果たせなかった方はぜひ!(奥村明裕)

1.The Tears and Music of Love
2.Snoopy Waves
3.+81
4.Rainbow Silhouette of the Milky Rain
5.Chatterboxes
6.Twin Killers
7.Fresh Born
8.Buck and Judy
9.The Perfect Me
10.Dummy Discards a Heart
11.Blue Cash
12.Spirit Ditties of No Tone
13.Numina
14.Holy Nite Fever
15.Offend Maggie
16.The Great Car Tomb
17.Milk Man
18.Chandelier Searchlight
19.That Big Orange Sun Run Over Speed Light
20.My Purple Past

アンコール
21.Wrong Time Capsule
22.Basket Ball, Get Your Groove Back
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする