【来日レポ】フィフス・ハーモニー @ 豊洲PIT公演

【来日レポ】フィフス・ハーモニー @ 豊洲PIT公演 - Photo by MASANORI DOIPhoto by MASANORI DOI

カミラ・カベロ脱退後、4人体制で活動を続け、昨年の3rdアルバム『フィフス・ハーモニー』を引っ提げてのフィフス・ハーモニー来日公演。成り行き的には当然ともいえるが、セットも『フィフス・ハーモニー』収録曲をすべて投入してくるという攻撃的な内容で、彼女たちのひたむきな思いを叩きつけてくる、熱いライブとなった。

ステージにはドラム、キーボード、ギターのバンドがステージの両脇に陣取り、全員が女子という布陣。開演となり暗転するとイントロとなる“PSA”をバンドが鳴らし、メンバーが登場。一斉に沸き上がる大歓声に応えるように、ここはまず1st『リフレクション』からの“Worth It”。当然またファンの悲鳴が上がり、ダイナからノーマニへとリード・ボーカルを繋ぎ、そこからコーラスで踊りを4人で合わせるとまた歓声が爆発し、会場全体の華やぎがとても楽しい。

  • 【来日レポ】フィフス・ハーモニー @ 豊洲PIT公演 - Photo by MASANORI DOI

    Photo by MASANORI DOI

  • 【来日レポ】フィフス・ハーモニー @ 豊洲PIT公演 - Photo by MASANORI DOI

    Photo by MASANORI DOI

  • 【来日レポ】フィフス・ハーモニー @ 豊洲PIT公演 - Photo by MASANORI DOI
  • 【来日レポ】フィフス・ハーモニー @ 豊洲PIT公演 - Photo by MASANORI DOI

音は基本的にバンドの3人が鳴らし、一部の音声はキーボードが再生している。ベースもキーボードで処理していたが、どこまでもコンパクトでありながらアタック感の強い演奏を叩き出していく。特にオープナーの“Worth It”などは、リズムとグルーヴの圧縮感と、オリジナルのサックス・アレンジのキーボード処理などが、かつてのニュージャックスウィングを思わせる音を生み出していて個人的になおさら盛り上がることになった。

続いたのもやはり1stからの“BO$$”。もともとがアレンジとしてリズムに徹した曲なので、これもまたバンドのスウィング感がとても小気味よく、さらに声を合わせたボーカルで押しまくる曲の展開をよく引き立てるものになっていた。

すると、これに続いたのが最新作からの“Sauced Up”で、ミディアム・テンポのグルーヴにアリーとローレンがコーラスを歌い上げ、後半にかけてダイナとノーマニが絡むという彼女たちのボーカル・ワークを前面に打ち出していく。そしてまた1stの“Reflection”へと雪崩れ込み、4人でボーカルを回しながらステージでの振り付けでファンを沸かせていく。

【来日レポ】フィフス・ハーモニー @ 豊洲PIT公演 - Photo by MASANORI DOIPhoto by MASANORI DOI

そして、ここでマイク・スタンドを持ち込み4人で3rdからの“Deliver”を披露し、いってみればここまでで一番のボーカル・パフォーマンスを聴かせる。つまり、ここからが今回の本編で、“Deliver”と同じようにボーカル・ワークをよく聴かせる“Messy”以降も3rdアルバム全編と2ndからの数曲で押しまくるという、その意気込みにただ気圧される展開だった。

特に“Make You Mad”や“Scared of Happy”などは、スターゲイトに代表されるエレクトロ・ポップ・サウンドが特徴的な楽曲でもあるわけだが、これもトリオのバンド演奏で乗り切って行ったところに、このツアーに賭けた彼女たちの意志を感じたし、その姿はとても清々しかった。それは終盤でのスクリレックスとの“Angel”でもまたそうで、ギター演奏と4人の振り付けで観せつけてはファンを沸かせていく姿、そしてそのボーカル・パフォーマンスはどこまでも頼もしかった。

【来日レポ】フィフス・ハーモニー @ 豊洲PIT公演 - Photo by MASANORI DOIPhoto by MASANORI DOI

実際、“All In My Head (Flex)”や“He Like That”のようなレゲエ・タイムもあったし、全般的にまんべんなく変化をつけた楽しい構成になっていて、申し分ないライブになっていた。本編の締めは最大のヒット曲“Work from Home”、アンコールは彼女たちの歌をどこまでも引き立てるポップ・チューンの“Bridges”となった。

なお今回のツアーのタイトル「FIFTH HARMONY PSA TOUR」とは、3rdには収録されなかったが昨年流出した未発表曲“PSA”からとったもの。PSAとは「公共広告」の意味で、曲は暗にカミラの脱退について歌ったものだったが、今回のライブはまさに彼女たちの現在とその意志をよく伝えるものになっていた。(高見展)

【来日レポ】フィフス・ハーモニー @ 豊洲PIT公演 - Photo by MASANORI DOIPhoto by MASANORI DOI

〈SETLIST〉

PSA
Worth It
BO$$
Sauced Up
Reflection
Deliver
Messy
Make You Mad
Scared of Happy
Lonely Night
Not That Kinda Girl
Angel
No Way
Down
All In My Head (Flex)
He Like That
Don't Say You Love Me
Work from Home
(Encore)
Bridges
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする