WANIMA/県立幕張海浜公園S2O JAPAN特設会場

WANIMA/県立幕張海浜公園S2O JAPAN特設会場 - All photo by 瀧本 JON... 行秀All photo by 瀧本 JON... 行秀

●セットリスト
1.オドルヨル
2.OLE!!
3.渚の泡沫
4.昨日の歌
5.サブマリン
6.夏の面影
7.つづくもの
8.夏のどこかへ
9.1106
10.アゲイン
11.雨あがり
12.BIG UP
13.Hey Lady
14.ANCHOR
15.シグナル
16.ANSWER
17.いいから

(アンコール)
EN1.リベンジ
EN2.エル
EN3.ともに
EN4.花火


今年3月にリリースしたニューシングル『Good Job!!』の発売を記念して、札幌、天草、首都圏の3ヶ所4公演・野外ステージで行ったリリースパーティー。そのファイナルは「海の日」(7月15日)に相応しく、県立幕張海浜公園の特設会場にて決行。この日は「S2O JAPAN×WANIMA Good Job!! Release Party“カオス!!ギネス!?日本初!!”」と付けられている通り、タイのお祭りとコラボしたダンスフェス「S2O」の日本版として開催された。

WANIMA/県立幕張海浜公園S2O JAPAN特設会場

17時10分、KENTA(Vo・B)、KO-SHIN(G・Cho)、FUJI(Dr・Cho)のメンバー3人が姿を現すと、スカのリズムを用いた“オドルヨル”で本編スタート。すると、予告通りに鮮やかな弧を描いて大量の水が放出。幸いにもこの日は雨が降らなかったこともあり、ワーッ! キャーッ!という歓喜の奇声とともに水を浴びながらハシャグ人たちがみるみると増えていく。WANIMAの楽曲と水しぶきなんて絶対楽しいに決まっている。その光景を眼前にして、ずぶ濡れエリアに突進したい衝動を必死で抑える自分がいた。しかも、ほとんどの観客がカッパを着用せず、Tシャツ短パンにビーサンと濡れる気マンマンで今日の演出を心底楽しんでいた。

WANIMA/県立幕張海浜公園S2O JAPAN特設会場

次の“OLE!!”をやり終えた後、「日本で一番『S2O』が好き、濡れ濡れボーイズです! 1曲目からすごく水使ってる!」と演者であるKENTAも既に興奮気味の様子。それから“渚の泡沫”、“サブマリン”と海に近いシチュエーションに見事ハマる楽曲を畳み掛け、水たまりができた砂浜の上を踊る観客の表情は笑顔、笑顔、笑顔ばかりであった。

WANIMA/県立幕張海浜公園S2O JAPAN特設会場

FUJIのモノマネコーナーを挟んで、この季節にぴったりの“夏の面影”における疾走感溢れるビートで焚き付けた後、“つづくもの”を経て、公演当日の2日後(7月17日)リリースのシングル『Summer Trap!!』から“夏のどこかへ”を披露。これがまた天高く突き抜ける爽快なスケール感を見せつけ、馴染みの深い既発曲に劣らない熱気で多くの観客を巻き込んでいた。

WANIMA/県立幕張海浜公園S2O JAPAN特設会場

「みんな寒くない? 温泉に変えようか?」とKENTAは冗談を交えつつ、ここに集まった人たちを気遣う場面もあった。そして、「海近いし、爺ちゃん見てるかな……」とKENTAが呟くと、亡き祖父に綴った“1106”をプレイ。暗くなってきた空を見上げつつ、ありったけの感情を歌に託すKENTAの声色は途轍もなくエモーショナルで、この日のハイライトのひとつと言っていいだろう。出だしから観客も一緒に歌い上げ、改めてWANIMAの楽曲が持つ訴求力に圧倒された。

WANIMA/県立幕張海浜公園S2O JAPAN特設会場

後半は“BIG UP”、“Hey Lady”などアッパー調な曲を織り込み、疲れ知らずで観客も歌えや踊れの大フィーバーが続く。「めちゃくちゃ楽しいです! メンバーが2万人になったくらい、歌ってくれるやん!」とKENTAも上機嫌。本編ラスト“いいから”が始まるや、ステージには炎が舞い上がり、宙空には水が飛び交うという、何かのイリュージョンかと思うほどの非日常的なシンクロ効果に最高潮の盛り上がりを記録。アンコールに応えると、観客のリクエスト曲“エル”、続いてアンセムチューン“ともに”、さらに怒濤の疾走ナンバー“花火”の演奏後半には、県立幕張海浜公園の夜空に本物の花火が打ち上げられ、2万人の観客の心に忘れられない「夏の面影」を刻みつける感動のフィナーレで幕を閉じた。

WANIMA/県立幕張海浜公園S2O JAPAN特設会場
WANIMA/県立幕張海浜公園S2O JAPAN特設会場

ライブを終え、改めてWANIMAの楽曲は海に近いこのロケーションに映える曲調が多いことに気付かされた。それはエッチネタの曲があり、スカやレゲエの要素があるからというだけではない。「海は生命の源」という言葉があるように、嫌なことがあろうとも、ポジティブに生きるメッセージをどこまでもピュアにまっすぐ伝えてくれる彼ら。生命力に満ち溢れたWANIMAの歌がこの地で一段と映えたのは、必然だったのかもしれない。そう感じずにはいられない最強のパフォーマンスを魅せてくれた。(荒金良介)

WANIMA/県立幕張海浜公園S2O JAPAN特設会場

【速報】WANIMA×「S2O JAPAN」、『Good Job!!』リリースパーティーを観た
この日は雨模様が心配されたものの、当日を迎えると一滴も雨は降らない曇り空の天候。「S2O JAPAN×WANIMA Good Job!! Release Party“カオス!!ギネス!?日本初!!”」は大成功のうちに幕を閉じた。2万人を海浜幕張公園の特設会場に集め、下は砂浜、ステージ下手側は海…
【速報】WANIMA×「S2O JAPAN」、『Good Job!!』リリースパーティーを観た
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする