サム41のデリック、あと1口でも酒を飲んだら死ぬと医者に宣告されたと明かす

サム41のデリック、あと1口でも酒を飲んだら死ぬと医者に宣告されたと明かす

サム41のデリック・ウィブリーはアルコール中毒で命を落としかねなかったことを明らかにしていて、医者にあと1口でも酒を飲んだら確実に死ぬと説得されたと明らかにしている。

デリックは自身のオフィシャル・ブログの「Rock Bottom(どん底)」と題された書き込みで、ここ一月連絡がつかなくなっていたのは酒の飲みすぎで意識を失い、入院していたからだと明らかにし、肝臓と腎臓の機能不全に陥っていたことを説明している。

「病院では重体で一月過ごした。それまでの数週間もものすごく具合が悪かったんだよ。具合が悪くなったのは、これまでずっと重ねてきた暴飲が原因なんだ。ついに身体がついていけなくなったっていうことだね。毎日浴びるように飲んでたからね」

昏倒してから婚約相手の女性の助けで病院に担ぎ込まれ、その後は集中治療を受ける状態に陥っていたとデリックは明かしている。

「もう飲めないってようやく自分でも気が付いたんだよ。お医者さんたちからももう1口でも飲んだら死ぬって言われてるんだ。説教もなにも言うつもりはないけど、飲む時には責任の負える飲み方をするのがいいと思うよ」

ただ、新しい曲を書いていくインスピレーションは失われていないと次のようにも語っている。

「なんにせよ、音楽を書きたいという情熱とインスピレーションは戻ってきたから。新曲用にアイディアもいくつか温めてるし。いずれまたアルバムを作ることになって、ツアーにも出ることになると思うよ」

(c) NME.COM / IPC Media 2014
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする