レディー・ガガ、"バッド・ロマンス"がデジタル音源として初の1000万枚セールス突破

レディー・ガガ、"バッド・ロマンス"がデジタル音源として初の1000万枚セールス突破

今月に入ってアートレイヴ:ジ・アートポップ・ボール・ツアーに乗り出しているレディー・ガガだが、アメリカ・レコード産業協会(RIAA)からダイアモンド賞(セールス1000万枚に匹敵)を授与されたことが明らかになっている。

賞は5月12日に行われたレディー・ガガのワシントンDC公演で授与されたが、これは『ザ・モンスター』からの"バッド・ロマンス"がデジタル・セールスで1000万枚を突破したことを称えるものだという。レディー・ガガはその後、次のように喜びをツイートしている。

「ゴールド・ディスク、プラチナ・ディスク授与制度が始まって以来、デジタル楽曲で1000万枚を越えたのはわたしが初めてだとのことで、10年に1度の象徴的な出来事だと表彰されたの……RIAAありがとう! わたしのモンスターたちもわたしも今回の認定をすごく喜んでるし、みんなでこの賞を分かち合います!」

RIAA会長のキャリー・シャーマンは次のように今回の授賞について語っている。

「この賞でもって、レディー・ガガはゴールドやプラチナ・ディスク獲得者のうちでも格別な人たちと肩を並べたことになります。"バッド・ロマンス"は過去10年のうちでも最も人気の高く象徴的な楽曲となりました。"バッド・ロマンス"が1000万枚のセールスを越えたことを認定し、レディー・ガガにダイアモンド賞を授与することを光栄に思いますし、ゴールド及びプラチナ・ディスク制度の歴史上、初のデジタル・ダイアモンド・ディスクとなったことを祝福します」
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする