トランプは「人種差別主義者だ」とミュージシャン達の怒りも爆発。マイケル・ムーア、マーク・ラファロはバスに観客を乗せてトランプタワー前に抗議へ。

トランプは「人種差別主義者だ」とミュージシャン達の怒りも爆発。マイケル・ムーア、マーク・ラファロはバスに観客を乗せてトランプタワー前に抗議へ。

火曜日、トランプが記者会見を行い、白人至上主義者を養護をする発言をしたため、大統領に就任してから一番と言える激震が走っている。

マイケル・ムーアは現在NYブロードウェイで、トランプを抗議するショー「The Terms of My Surrender」を行っているが、今日はショーが終った後会場前にバスを用意し、そのまま観客を乗せてトランプタワーに抗議に向かった。この日のゲストはマーク・ラファロ(ハルク)だったため、彼も、一緒に抗議に向かった。マーク・ラファロは常日頃から政治的な活動を行っているが、この日のトランプの発言について、以下の映像を貼付けている。

Heading to Trump Tower for a candle light vigil for Heather Heyer who was murdered by an Alt Right American Nazi.

Mark Ruffaloさん(@markruffalo)がシェアした投稿 -


トランプが土曜日に行った会見で、白人至上主義者に対して、「多くの面がある」と発言したため、
「ここには多くの面なんて存在しない。ここには、ふたつしかない。ナチスと戦う人か、ナチス、それだけだ。ナチスを僕らの社会の一部にするわけにはいかない。戦わなくてはいけない」と。

そして火曜日のトランプの発言に対しては、トランプを支持しない人達はこれまでで一番というくらい激怒している。

『キャプテン・アメリカ』のクリス・エヴァンスも、今日の記者会見の映像をすべて貼付けて、「これは全員が最初から最後まで見るべきだ」「気が狂ってる」「頭をぶち抜かれた」など次々にショックを隠せないツイートを連投している。


レディー・ガガも、「シャーロッツビルの事件を受けて、”両サイドが悪い”と言った大統領を、人種差別主義者を支持すると見なすか?」などというツイートでファンに疑問を投げかけている。また、「最近まで知らなかったのだけど、大統領の父であるFred Trumpは、1927年にKKKのために行進をして逮捕されている」ともツイート。


その他ミュージシャン達も次々にツイート。ピッチフォークがレポートしている。
http://pitchfork.com/news/trump-blames-both-sides~
例えば、ジャック・アントノフは、「ドナルド・トランプは白人至上主義者であり、ナチスだ。この結論は彼自身が語ったものだ」とツイート。その他にも隠せない怒りを連投している。


ベストコーストも、「2017年のアメリカ大統領は、人種差別主義者である。それ以外言いようがない」とツイート。


アンバー・コフマンも、「本当に頭にきている。本当にむかつく。今すぐ辞めさせて欲しい。これ以上続けさせてはいけない」とツイート。


パラモアのヘイリーも「弾劾しろ」とツイート。


ソランジュもインスタグラムに、「ファック、白人至上主義者、ファック、ナチス」と長い文章を掲載していた。「今日は自分の息子の学校の初日なのに、こんな最悪なものを見なくてはいけない。いまだにこの国のシステムは、彼に反対するものであるということを」

ライアン・アダムスもツイート。
中村明美の「ニューヨーク通信」の最新記事

最新ブログ

フォローする