「ラウドロックは好きですか!?」coldrain、日本のファンへの感謝がコーストに轟く!

  • 「ラウドロックは好きですか!?」coldrain、日本のファンへの感謝がコーストに轟く!
  • 「ラウドロックは好きですか!?」coldrain、日本のファンへの感謝がコーストに轟く!
  • 「ラウドロックは好きですか!?」coldrain、日本のファンへの感謝がコーストに轟く!
  • 「ラウドロックは好きですか!?」coldrain、日本のファンへの感謝がコーストに轟く!
  • 「ラウドロックは好きですか!?」coldrain、日本のファンへの感謝がコーストに轟く!
  • 「ラウドロックは好きですか!?」coldrain、日本のファンへの感謝がコーストに轟く!
  • 「ラウドロックは好きですか!?」coldrain、日本のファンへの感謝がコーストに轟く!
  • 「ラウドロックは好きですか!?」coldrain、日本のファンへの感謝がコーストに轟く!
  • 「ラウドロックは好きですか!?」coldrain、日本のファンへの感謝がコーストに轟く!
  • 「ラウドロックは好きですか!?」coldrain、日本のファンへの感謝がコーストに轟く!
  • 「ラウドロックは好きですか!?」coldrain、日本のファンへの感謝がコーストに轟く!
  • 「ラウドロックは好きですか!?」coldrain、日本のファンへの感謝がコーストに轟く!
  • 「ラウドロックは好きですか!?」coldrain、日本のファンへの感謝がコーストに轟く!
  • 「ラウドロックは好きですか!?」coldrain、日本のファンへの感謝がコーストに轟く!
  • 「ラウドロックは好きですか!?」coldrain、日本のファンへの感謝がコーストに轟く!
  • 「ラウドロックは好きですか!?」coldrain、日本のファンへの感謝がコーストに轟く!
  • 「ラウドロックは好きですか!?」coldrain、日本のファンへの感謝がコーストに轟く!
  • 「ラウドロックは好きですか!?」coldrain、日本のファンへの感謝がコーストに轟く!

2015年9月19日、coldrainによる、ファン投票によりセットリストを決定するスペシャルライヴ「SETLIST ELECTION LIVE 2015」が新木場スタジオコーストにて行われた。RO69では、この模様をライヴ写真とレポートでお届けする。

--------------------------

昨年アメリカでCDデビューを果たし、世界に照準を合わせた活動に本腰を入れ始めたcoldrain。今年に入ってもPapa Roachのヨーロッパツアーに帯同するなどグローバルに活躍中の彼らが、一夜限りのスペシャルライヴ「SETLIST ELECTION LIVE 2015」を開催した。事前のファン投票でセットリストが決められた同公演は、デビューから7年間の軌跡と成長をうかがい知れる貴重な舞台。と同時に、海外進出以前から彼らを見守ってきた日本のファンとの絆を確かめ合うドラマティックな舞台でもあった。

暗転するなりSEが鳴り響き、ステージ前方の沙幕に2008年のデビュー当時からの歴代アーティスト写真が映し出される。そのまま“Final Destination”に雪崩れ込むと、前方の幕が切って落とされメンバー登場。ソリッドでヘヴィな轟音が満場のフロアを呑み込んでいく。Katsuma(Dr)のしなやかなビート上で、Y.K.C(G)、Sugi(G)、RxYxO(B)の硬質なフレーズが荒れ狂うグルーヴはこの日も圧巻。「ラウドロックは好きですか!?」と煽り立てながら放たれるMasato(Vo)の絶唱が、さらなるスリルを生んでいく。そんなバンドの演奏に応えるように、フロアでは一糸乱れぬOiコールとシンガロングが次々勃発。その熱狂ぶりたるや凄まじいもので、冒頭8曲を終えた時点でMasatoは「(まだ序盤だけど)すでにこのライヴ良かったって思う!」と興奮を露わにするのだった。

中盤では2ndシングル収録曲の“Believe”をプレイ。実は過去ライヴで1度しか披露したことのない曲らしく、こういった曲が投票で選ばれるあたりにも、バンドとファンの絆の深さを感じる。さらに新曲“WORDS OF THE YOUTH”も披露して、獰猛の限りを尽くしたcoldrainの最新型を堂々開陳。そして、「今日一番ひとつになる時間が来ました!」というMasatoの号令のもとに巨大なサークルモッシュとおびただしい数のダイブが発生した“24-7”“Die tomorrow”を経て、“Miss You”“8AM”というバラードナンバーにつなげた流れは特に素晴らしかった。バンドの肉体をストイックに鍛え上げることで、世界基準の屈強なサウンドを手にしてきた彼ら。しかし、そこには繊細な感性が宿っており、それがエモーショナルなメロディに昇華されているからこそ、聴き手の心を根底から揺さぶる奥深い音楽になり得ているということが、よく伝わるシーンだった。「バンドがいてファンがいるって思っていたけど、7年間やってきて、今はファンがいるからバンドがいるって心から思える」というMasatoの言葉も感動的に響いていた。

Katsumaのドラムソロから“Survive”に突入した後はクライマックスに向けてギアアップ。“Six Feet Under”ではY.K.Cの速弾きソロが冴えわたり、1stシングル“Fiction”ではフロアにヘッドバンキングの波が生まれる。さらに冒頭から盛大なシンガロングが響きわたった“The War Is On”、ヘヴィネスの塊のような“Evolve”を経て、“The Maze”ではゲストボーカリストのMAH(SiM)が現れMasatoとグロウル対決を敢行! すっかりヒートアップした会場に、「7年間やってきて、家族のようなスタッフと友達のようなお前らができました!」という言葉とともに“We’re Not Alone”を叩きつけて本編終了となった。

10月21日にニューアルバム『VENA』を全世界同時リリースする彼ら。アンコールでは、アルバムリリースに先駆けてMVが公開されている新曲“GONE”、昨年の海外進出における名刺代わりの1曲となった“The Revelation”など3曲を披露して、全25曲におよぶステージを大団円で締めくくった。今月末からは計14カ国/3ヵ月弱にも及ぶ欧米ツアーがスタートし、来年1月にはジャパン・ツアーを開催。世界での挑戦を経て、彼らは一体どんな凱旋ライヴを見せてくれるのか。今から楽しみで仕方ない。(齋藤美穂)


●セットリスト

01. Final Destination
02. To Be Alive
03. New Fate
04. Given Up On You
05. No Escape
06. Rescue Me
07. Adrenaline
08. Never Look Away
09. Believe
10. Stuck
11. WORDS OF THE YOUTH
12. 24-7
13. Die tomorrow
14. Miss You
15. 8AM
16. Survive
17. Six Feet Under
18. Fiction
19. The War Is On
20. Evolve
21. The Maze feat.MAH
22. We’re not alone
(encore)
23. GONE
24. Aware And Awake
25. The Revelation

--------------------------

最新ブログ

フォローする