元クラクソンズのジェイムス・ライトン、ソロ・デビュー曲“Shock Machine”のMV公開

元クラクソンズのジェイムス・ライトン、ソロ・デビュー曲“Shock Machine”のMV公開

2014年にバンドとしてのツアー活動を今後行わないと発表し、現在無期限の活動休止状態にあるクラクソンズだが、同バンドのジェイムス・ライトンがソロ・デビュー曲となる“Shock Machine”のミュージック・ビデオを公開した。

これはライトンが始動したソロ・プロジェクト「Shock Machine」名義で発表されたナンバーで、今年リリース予定のShock MachineのデビューEP『Open Up The Sky』に収録されるという。

“Shock Machine”のプロデュースはジェイムス・フォードが手掛け、ナールズ・バークレイやディアハンターとの仕事で知られるベン・アレンがミキシングを担当しているという。

映像はこちらから。

最新ブログ

フォローする