レディオヘッドの162曲をランク付け。『パブロ・ハニー』から『OKNOTOK』まで

レディオヘッドの162曲をランク付け。『パブロ・ハニー』から『OKNOTOK』まで

米情報サイト「Consequence Of Sound」が、レディオヘッドの162曲のランキングを公開した。

バンドの24年間の歴史の中で、リリースされたものであればアルバム、シングル関わらず取り上げられている。

1stアルバム『パブロ・ハニー』から、リリースされたばかりの『OK コンピューター OKNOTOK 1997 2017』まで、すべての楽曲を対象としたランキングは「Consequence Of Sound」のウェブサイトで見ることができる。
https://consequenceofsound.net/2017/06/ranking-every-radiohead-song-from-worst-to-best/

なお、ランク付けされた162曲のうち、トップ10曲は以下。

1位:“Idioteque”-『キッドA』 (2000)

2位:“Paranoid Android”-『OK コンピューター』 (1997)


3位:“Everything in Its Right Place”-『キッドA』 (2000)

4位:“Fake Plastic Trees”-『ザ・ベンズ』 (1995)


5位:“There,There”-『ヘイル・トゥ・ザ・シーフ』 (2003)


6位:“The National Anthem”-『キッドA』 (2000)

7位:“Street Spirit (Fade Out)”-『ザ・ベンズ』 (1994)


8位:“Airbag”-『OK コンピューター』 (1997)

9位:“All I Need ”-『イン・レインボウズ』 (2007)


10位:“Pyramid Song”-『アムニージアック』 (2001)




ワースト5は以下。

158位:“Nothing Touches Me”-『パブロ・ハニー』(2009年ボーナス・ディスク収録)(1991)

159位:“The Butcher”-『Supercollider』 / 『The Butcher』 シングル (2011)


160位:“Inside My Head”-『Creep』 SINGLE (1992)

161位:“Supercollider”-『Supercollider』 / 『The Butcher』 シングル (2011)


162位:“Pop Is Dead”-『Pop Is Dead』シングル (1993)

関連記事はこちら。

【全曲解説】レディオヘッドとナイジェル・ゴドリッチが語る『OKコンピューター』
6月23日に『OKコンピューター』の20周年記念盤『OK COMPUTER OKNOTOK 1997 2017』をリリースするレディオヘッドだが、「ローリング・ストーン」誌の取材でバンドの始まりから『OKコンピューター』に至るまでの道程を詳細に語っていた。 同取材において、更にメ…
【全曲解説】レディオヘッドとナイジェル・ゴドリッチが語る『OKコンピューター』

『OK コンピューター』誕生の年、1997年の特別さを示すUKの傑作アルバム10枚!
レディオヘッド史上、そして90年代のUKロック史上の歴史的傑作として名高い『OK コンピューター』の20周年記念リイシュー、『OK コンピューター OKNOTOK 1997 - 2017』がついにリリースされた。リマスターされたこのリイシュー盤は、間違っても1997年の名盤の「復刻」ではない。順に…
『OK コンピューター』誕生の年、1997年の特別さを示すUKの傑作アルバム10枚!

『OK コンピューター OKNOTOK 1997 - 2017』と1997年の『OK コンピューター』がどう違って聴こえるかについて考えた
個人的に、これまで聴いてきたアルバムの中で最も自分の頭の中で細部まで再生できると感じるアルバムは、16歳のときに出会ったニルヴァーナの『ネヴァーマインド』と19歳のときに出会ったレディオヘッドの『OK コンピューター』である。 なぜ、この2枚なのかというと、どちらも自分がこの世界に対して抱い…
『OK コンピューター OKNOTOK 1997 - 2017』と1997年の『OK コンピューター』がどう違って聴こえるかについて考えた
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする