なぜ西野カナは30cmも髪を切り、今「Girls」というテーマを歌うのか?

なぜ西野カナは30cmも髪を切り、今「Girls」というテーマを歌うのか? - 『Girls』通常盤『Girls』通常盤
西野カナ、7月26日に新曲『Girls』をリリース。髪を30cm以上カットした『切りっぱなしボブ』の新ビジュアル公開」
このニュースを聞いた瞬間、正直内心でニヤッとした。彼女がここ最近築き上げてきた数々のランドマークを見れば、「女の子」の意をタイトルに冠した楽曲をリリースすることも、ヘアスタイルを「切りっぱなしボブ」にチェンジしたことも、今このタイミングで行われて然るべきすぎる出来事だからだ。

彼女にとって31枚目のシングルとなる『Girls』は、「ガールズ応援歌」として打ち出された楽曲である。レイトン教授の娘が謎解きに挑むゲーム『レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀』のテーマ曲に選ばれているほか、同曲のリリース記念として、次世代を担う10代の女性アスリートを応援するプロジェクト(その名も「女の子は、強い。」)も施行されており、その名の通り女子としての強さ・女子である喜びに寄り添った作品になっている。
ここでさらに『Girls』について言及する前に、同曲が「いま」リリースされることのヤバさを証明するため、今作に至るまでの彼女の作品群――とりわけ昨年リリースされたアルバム『Just LOVE』で彼女が歌い表したことについて触れておきたい。

初期の西野カナの楽曲といえば、“会いたくて 会いたくて”や“さよなら”、“Where are you?”、“WRONG”などに示されているように、決別した恋人に執着したり、逆に忘れようと強がってみせたりする楽曲がシングル曲・アルバム曲問わず立ち並んでいる印象を受ける。そしてこの時期に彼女の知名度は急上昇したことから、これらの楽曲のイメージ=彼女のイメージという方程式が未だ成り立っているリスナーも少なくはないはずだ。

しかし昨年、その悲哀の色を思いっきり断ち切り、彼女に秘められたポジティブ性が一気に開花したアルバムが誕生した。それが、『Just LOVE』である。
このアルバムは、恋や仕事や日常のささやかな幸せだけではなく、失恋や意のままにならない人生の出来事さえも、愛らしいメロディや健気な言葉でキャンディの包装紙のように包み込み、リスナーの暮らしを彩るポップスとして昇華したような作品である。たとえば彼氏と別れた直後を描いているのに、アコースティックギターの軽快なリズムに合わせ《サヨナラ 今日からひとり/サヨナラ 晴れて自由の身》と歌う“Thank you very much”という楽曲があったり、過去の恋を引きずる唯一初期らしい失恋ソング“Set me free”からの、陽気なサウンドに乗せ《最後に笑えば/Life Is Good Life Is So Good》と歌う“Life Is Good”と続く流れが見られたりするのだ。かつて《会いたくて 会いたくて 震える》と救いようのない恋愛物語を切々と歌い上げていたことが逆に信じられなくなってくるくらい、昨今の彼女は楽観に振り切れ、女性ならではの逞しさを発揮している。

次のページ西野カナが『Girls』を歌い、髪を30cm以上カットした理由
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする