ザ・ヴァーヴ『アーバン・ヒムズ』へのリアム・ギャラガー参加をリチャード・アシュクロフトが語る

ザ・ヴァーヴ『アーバン・ヒムズ』へのリアム・ギャラガー参加をリチャード・アシュクロフトが語る - ザ・ヴァーヴ『アーバン・ヒムス』2CD日本盤ザ・ヴァーヴ『アーバン・ヒムス』2CD日本盤

ザ・ヴァーヴが1997年に発表した『アーバン・ヒムス』が20周年デラックス・エディションとして9月1日にリリースされることが決定しているが、20年前の同アルバムにリアム・ギャラガーがカメオ参加していたことを、リチャード・アシュクロフトが正式に認めた。

同アルバムの最終曲“Come On”にリアムがカメオ参加していることは、ファンの間では知られていたが、彼が実際にどのパートで参加しているのかについては長らく謎とされてきた。

今回、リチャードは「BBCレディオ6」のインタビューの中で初めてリアムの“Come On”への参加を正式に認め、詳細を明らかにした。リチャードは次のように語っている。

「『アーバン・ヒムズ』にはたくさんジョークが詰まっていたんだよ。ラスト・ナンバーの“Come On”のリアム・ギャラガーとかさ。誰も知らなかったと思うけど、集中してこの曲を聴いてみれば誰か発狂してるようなヤツが《カモオオオオオン!》って叫んでるのに気づくだろう。みんな、あれは俺だと思っていたみたいだけど、リアムが叫んでいたんだよ」

「俺たちがレコーディングしていたスタジオに、リアムが(ザ・ストーン・ローゼズのギタリストである)ジョン・スクワイアとやった曲のテープを持ってやってきたんだよ。彼はスタジオで15回くらい連続でそれをやっててさ。で、俺は言ったんだ、《俺たちは今“Come On”をやっているから、お前も参加してくれ》って。それでリアムは誰か他の人と一緒にレコーディング・ブースに入って、タンバリンを叩きながら叫び始めたってわけ」

『アーバン・ヒムス』は1997年9月29日に発売されたバンドの3rdアルバムであり、発売後12週連続で全英アルバムチャート1位を記録、累計売上は全世界で1,000万枚以上を記録している。

デラックス・エディションにはオリジナル・アルバムの最新リマスターに加え、B面曲、未発表のライブ音源、映像が収録されるという。

リリースの詳細は以下の通り。

最新ブログ

フォローする