【速報】Mr.Children日産スタジアム2日目、「すっごい幸せ!!」と桜井和寿は叫んだ

【速報】Mr.Children日産スタジアム2日目、「すっごい幸せ!!」と桜井和寿は叫んだ
デビュー25周年記念のドーム&スタジアムツアー「Thanksgiving 25」、日産スタジアム2日目。
「出し惜しみ一切なく、あの曲もこの曲もやりたいと思います!」という桜井和寿の言葉通り、3時間以上に及ぶステージの大部分をシングル曲で固めたセットだったが、ファンサービス的な視点からというよりは、「シーンや時代と真っ向から響き合ってきた25年史をダイジェストしたらこうなった」とでも言うような、肩肘張らない伸びやかさと圧倒的な迫力に満ちた内容だった。

「10周年の時はまだ若かったし、素直じゃなかったし、『どうせすぐに他のところに消えて行ってしまう』と思っていたファンの人たちが、今……こんなに今もまだ、僕らの音楽に耳を傾けてくれて、コンサートに足を運んでくれる人たちがいることを、本当に嬉しく、幸せに思っています」

7万人のオーディエンスでぎっしり埋まった客席を見回して、桜井はそんなふうにデビュー25年の感慨を語っていた。誰もが認めるモンスターバンドの、日本を代表するソングライター&ボーカリストが、自問自答と葛藤を繰り返しながら、常にシビアかつ謙虚に己の音楽を研ぎ澄ませてきたことが、その言葉からも伝わってきた。胸が震えた。

アンコールでなおも熱く沸き返るシンガロングと歓声に応えて「どうもありがとう! すっごい幸せ!!」と高らかな叫びを夜空に突き上げていた桜井。この日の最高のアクトの模様は、9月のツアー終了後にライブレポートをUPしますのでしばしお待ちを。(高橋智樹)

最新ブログ

フォローする