リアム・ギャラガー、「ホストがバカ」だからカープール・カラオケには出ないと発言

リアム・ギャラガー、「ホストがバカ」だからカープール・カラオケには出ないと発言

10月6日にソロ・デビュー・アルバム『アズ・ユー・ワー』のリリースを控えているリアム・ギャラガーが、米TV番組「The Late Late Show with James Corden」の人気コーナー、「カープール・カラオケ」には出ないと発言。その理由については、番組ホストのジェームズ・コーデンが「バカだから」だと語った。

カープール・カラオケはホストのジェームズ・コーデンとゲストが車に同乗し、その車中でトークやカラオケを繰り広げるという不定期コーナーで、これまでにレディー・ガガレッド・ホット・チリ・ペッパーズエド・シーランケイティ・ペリーアデル、クリス・マーティン、マドンナら、錚々たるアーティストが出演していることでも知られている。

しかしリアムは「GQ」誌のインタビューの中で、このコーナーには出演したくないと語った。

「ノー・サンキューだよ。そんなことはファッキンありえないね。俺が『Kevin & Perry Go Large』に出てた太ったやつと共演するなんてさ」

『Kevin & Perry Go Large』は2000年に公開されたアメリカのコメディ映画だが、リアムのパートナーのデビー・グワイサーが「でもあなた『Kevin & Perry』観たことないじゃない」と指摘すると、リアムは次のように答えている。

「好きじゃないって確認するために観る必要はないからな。ジェームズ・コーデンはバカだから」

ちなみに、コーデンは同映画には出演していない。

関連記事はこちら。

【月刊リアム・ギャラガー】7月の名言を一気読み! ノエルを凡人呼ばわり、クリス・マーティンに謝罪など
デビュー・ソロ・アルバム『As You Were』の制作を着々と進めていた様子のリアム・ギャラガー。 しかし今月もU2のサポートアクトを務めた兄ノエル・ギャラガーに苛立ってみたり、グラストンベリー・フェスティバル出演中にジャケットが盗まれたりと、様々な事件が起こっている。 新作…
【月刊リアム・ギャラガー】7月の名言を一気読み! ノエルを凡人呼ばわり、クリス・マーティンに謝罪など

最新ブログ

フォローする