【plenty解散に寄せて】読者の皆様からの「音楽文」をお届けします

【plenty解散に寄せて】読者の皆様からの「音楽文」をお届けします
明日9月16日(土)の日比谷野外大音楽堂公演「plenty ラストライブ『拝啓。皆さま』」をもって解散するplenty。

「音楽について書きたい、読みたい」をコンセプトに運営している「音楽文」には、読者の皆様からplentyへの熱い想いが多数寄せられています。ここでは、その「音楽文」をご紹介します。



2017年7月・月間賞 入賞
①口をむすんで
plentyに何度も出会う
ナナシ (25歳)

plentyには二度出会った。……



②plentyと青春
「さよならよりも、優しいことば」
あさ (22歳)

大好きで大切なバント、plentyが解散する。……



③一つの正義
plentyとして残した意思
深井諒 (20歳)

綺麗な歌声が綺麗な歌詞をなぞるのは、心地が良いのだ。……



④さようなら、蒼き日々よ
plenty解散ツアー
幻想世界観 (25歳)

plenty 解散。……



⑤plentyと僕
ラストツアー「蒼き日々」を通じて感じた幸福と余韻
鹿苑寺と慈照寺 (26歳)

思えば、辛いときに自分の側にはplentyがいた。……



⑥拝啓、皆さま
plentyというバンド
江田舎 (22歳)

私は今行き場の無い気持ちを4月13日から抱えている。……



⑦朝が来ようとも私の正義
plenty解散について。日比谷野外音楽堂に向けて
しるく (28歳)

plentyが解散を私たちに伝えてから彼らはツアーを行い、そしてもうすぐラストの日比谷野外音楽堂『拝啓。皆さま』がやってくる。……



⑧出会えたことに感謝して。
plentyとわたしの青春
ななこ (22歳)

plentyを知ったのはROCKIN'ON JAPAN 2009年11月号の1stミニアルバム「拝啓。皆さま」のインタビューだった。……




「音楽文」の投稿はどなたでも自由にできます。
あなたからの熱い音楽への想い、お待ちしています。

最新ブログ

フォローする