ダニエル・クレイグ続投が決定の『007』新作、主題歌をビヨンセと交渉中か

ダニエル・クレイグ続投が決定の『007』新作、主題歌をビヨンセと交渉中か

ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド続投が決定した『007』新作の主題歌候補に、ビヨンセの名前が上がっていることがわかった。

2019年に公開が予定されているシリーズ第25作目の最新作は、先日ダニエル・クレイグが米TV番組「The Late Show with Stephen Colbert」の中で、ジェームズ・ボンド役の続投をついに正式に認めたことでも話題になっている。そんな『007』の新作の主題歌について、早くもビヨンセが担当する可能性が出てきた。


Daily Star」が報じ、「Billboard」など主要メディアが取り上げた内容によると、ビヨンセは既に『007』のプロデューサーと主題歌についての話し合いの場を持ったとされている。

関係者筋は次のように証言している。

「製作陣とのミーティングの前に、ビヨンセはアデルから『007』シリーズの主題歌を歌ったことが、自身のキャリアにおいていかに素晴らしいステップアップになったかについて話を聞いたそうです。多くの主題歌が成功しているわけではありませんが、ビヨンセには何千万人もファンがいるわけですしね」

「ダニエル・クレイグにとって5作目の『007』でビヨンセとのタイアップが決まれば、最高のはなむけになることでしょう」

なお、前々作の『007 スカイフォール』ではアデルが、前作『007 スペクター』ではサム・スミスがそれぞれ主題歌を務めている。

また、5月に亡くなったクリス・コーネルの“You Know My Name”は、ダニエル・クレイグのボンド第一作『007 カジノ・ロワイヤル』の主題歌だった。

最新ブログ

フォローする