英BBCがジョージ・マイケルの遺作となるドキュメンタリー『Freedom』を発表へ

英BBCがジョージ・マイケルの遺作となるドキュメンタリー『Freedom』を発表へ

ジョージ・マイケルの『リッスン・ウィズアウト・プレジュディス+MTVアンプラグド』のリリースを記念し、ジョージ・マイケル自身がナレーションを務めたドキュメンタリー・フィルム『Freedom:George Michael』が発表されることが明らかになった。

出演者にはスティーヴィー・ワンダーエルトン・ジョンリアム・ギャラガー、マーク・ロンソン、メアリー・J.ブライジ、トニー・ベネット、ジェームズ・コーデン、リッキー・ジャーヴェイスらの他、“Freedom! ’90”のミュージック・ビデオに出演したスーパー・モデルたち(ナオミ・キャンベル、クリスティーターリングトン、シンディ・クロフォード、タチアナ・パティッツ、リンダ・エヴァンジェリスタ)などが名を連ねている。


遺作となる本作だが、ジョージは2016年のクリスマスまで仕上げに励んでいたのだという。英配給会社BBC Worldwideは本作を世界各国のクライアントや放送局に提供する予定とのことで、アメリカではSHOWTIMEにてプレミアが行われる。

なお、先日にはナイル・ロジャースとコラボしたニュー・シングル“Fantasy”が発表されている。


アルバム『リッスン・ウィズアウト・プレジュディス+MTVアンプラグド』の詳細は以下。

最新ブログ

フォローする