VAMPS、12月にツアー映像作品リリース。Zepp Osaka Bayside公演の模様を完全収録

VAMPS、12月にツアー映像作品リリース。Zepp Osaka Bayside公演の模様を完全収録 - All pics by 田中和子All pics by 田中和子
VAMPSが映像作品『VAMPS LIVE 2017 UNDERWORLD』を12月6日(水)にリリースする。

この映像作品は、2017年6月21日にZepp Tokyoを皮切りに全国7都市22公演が行われた「VAMPS LIVE 2017 UNDERWORLD」より、Zepp Osaka Bayside公演の模様を全編完全収録したもので、今回この機会にしか手に入らないRockin'Jelly Bean×VAMPS オリジナル・MA-1が付いた、完全数量限定の特別Goods付BOXなども用意される。

このリリースの発表は、先日開催された同ツアーの仙台 PIT公演にてアナウンスされたもの。VAMPSにとって仙台でのLIVEは、2015年3月のゼビオアリーナ仙台公演以来、約2年半ぶりとなった。

VAMPS、12月にツアー映像作品リリース。Zepp Osaka Bayside公演の模様を完全収録

仙台公演2日目のライブは、“MIDNIGHT CELEBRATION”からスタート。続けて“EVIL”、“DOLLY”を披露し、「“UNDERWORLD”へようこそ。最後、悔いのないようにやろうぜ。Let’s go to “UNDERWORLD”!!」とフロントマンであるHYDEから本日初MC。

その後はアルバムのタイトルにもなっている楽曲“UNDERWORLD”を皮切りに、“BREAK FREE”、“DON’T HOLD BACK”と最新アルバム『UNDERWORLD』の収録曲を披露。さらに、“BLEED FOR ME”、“IN THIS HELL”、“CALLING”を経て、ライブ後半戦には“BLOODSUCKERS”、“INSIDE OF ME”、“RISE OR DIE”をプレイし、会場を盛り上げた。

VAMPS、12月にツアー映像作品リリース。Zepp Osaka Bayside公演の模様を完全収録

HYDEがギターを持ち、K.A.Z、そしてJu-kenのフロント3人がステージ中央に寄り添う形でスタートする“AHEAD”、そして“DEVIL SIDE”、“B.Y.O.B. (BRING YOUR OWN BLOOD)”で本編を終えた。

会場には「VAMPS」コールが湧き上がり、コールに応える形で再登場するVAMPS。K.A.Zは「ライヴハウスツアー全22公演は、今日で最後です。みんな楽しそうで嬉しいです。こうやってできたのも、みんなが盛り上げてくれたおかげです。ありがとう」、HYDEは「さみしいね。ちょっとさみしい。でも、みんなから元気をもらったから、この後のアメリカ、戦ってくる」といったMCに続けて、“SWEET DREAMS”、“RISE UP”を披露したのち、ラストソング“SEX BLOOD ROCK N’ ROLL“に突入。ツアーのライブハウスでの開催としては最終日となった仙台公演は幕を閉じた。

VAMPS、12月にツアー映像作品リリース。Zepp Osaka Bayside公演の模様を完全収録

最新ブログ

フォローする