レキシ、「遺跡でライブをやるために続けてきた」初の大阪城野外ワンマン大盛況で終幕

レキシ、「遺跡でライブをやるために続けてきた」初の大阪城野外ワンマン大盛況で終幕 - All pics by 田中聖太郎All pics by 田中聖太郎
レキシが、今夏から行っている全国ツアーの特別編ともなる大阪公演「お城でライブができる喜びを皆で分かちあおう〜あれ?大阪、いつの陣?〜」を、10月1日に大阪城 西の丸庭園にて開催した。

本公演は、レキシ単独ライブでは初の野外公演。この大阪城 西の丸庭園は大阪城天守閣の西にある広さ約6.5haの庭園で、大阪城を望める位置にある。会場内には恒例の歴史上の大人物からの幟、お城をモチーフにしたドーム型エアートランポリン、フードメニューに「稲フォー」、「古墳カレー」などのメニューが立ち並ぶ露店も見られた。

レキシ、「遺跡でライブをやるために続けてきた」初の大阪城野外ワンマン大盛況で終幕

17時をまわり、ステージ横のビジョンからオープニング映像が流れた後、ライブのノロシをあげる法螺貝のSEと共にバンドメンバーがステージに登場。そして、オープニング映像の流れでステージ下手から駕籠が運び込まれると中から金色と黒色に彩られたレキシが登場し、「早速行くよー」と会場に呼びかけ、大阪を舞台にした楽曲“真田記念日”でライブがスタート。続いて、“KATOKU”、“KMTR645”を披露し、曲中では定番のイルカの浮き輪の特別仕様30体が観客席に放り込まれた。

レキシが俵を手に取り、「大阪城に年貢をおさめようか!」と呼びかけ“年貢 for you”、続いて、「京都を舞台にした楽曲をいくよ!」というMCのあと“LOVE 弁慶”、十二単に着替えて“SHIKIBU”、“最後の将軍”をプレイ。

レキシ、「遺跡でライブをやるために続けてきた」初の大阪城野外ワンマン大盛況で終幕

ライブ中盤にさしかかると、「大阪城ともう一つ大事なものを忘れてませんか! 古墳ですよ!」のMCから“古墳へGO!”へ。観客とコール&レスポンスの振り付けをレクチャーしながら、曲がはじまると、途中で「ここで、今日はゲストをお呼びしてます」といったMCの後、現・大阪府知事の松井一郎氏がサプライズで登場。松井知事が「古墳大使をお願いしてるレキシさんの応援に駆けつけました!」とMCすると大歓声で迎えられた。次はステージ下手から、吉本新喜劇の島田珠代がレキシの同級生役で登場し、おまわりさん役のMr.オクレ、吉田裕など総勢6名が次々と登場し、レキシと吉本新喜劇のコラボレーションによるサプライズ舞台が繰り広げられ、最終的には“狩りから稲作へ”が披露された。

そして、“刀狩りは突然に”、“salt & stone”を披露し「遺跡でライブをやるためにレキシのライブを続けてきた」とMCして、「アンコールあります」という言葉を残し、本編が終了。アンコールでは「今日はありがとう、この曲を歌うと最後だから歌いたくない」とMCして、”きらきら武士“で全13曲、約3時間にわたるライブは大盛況で幕を閉じた。

レキシ、「遺跡でライブをやるために続けてきた」初の大阪城野外ワンマン大盛況で終幕

なお、本日開催された大阪公演と来週10月10日(火)、10月11日(水)に開催される日本武道館2DAYS公演は、11月26日(日)および12月3日(日)にフジテレビNEXTで放送される予定となっている。


<セットリスト>
M-1 真田記念日
M-2 KATOKU
M-3 KMTR645
M-4 LOVE弁慶
M-5 SHIKIBU
M-6 最後の将軍
M-7 古墳へGO! (w/ 松井一郎 大阪府知事)
M-8 年貢 for you
M-9 狩りから稲作へ
M-10 刀狩りは突然に
M-11 salt & stone
M-12 ドゥ・ザ・キャッスル
EN きらきら武士


最新ブログ

フォローする