downy・青木裕(G)が骨髄肉腫と診断。体調をみつつ活動は継続

downy・青木裕(G)が骨髄肉腫と診断。体調をみつつ活動は継続
downy・青木裕(G)が骨髄肉腫と診断されたことがわかった。

青木は昨年末から体調不良が続いており、医師の診断の結果「Myeloid Sarcoma(骨髄肉腫)」と判明。本人及びメンバーが話し合い、downyの活動は継続していくことが決定した。

青木のライブ出演については、本人の体調を最優先し、公演当日に出演可能な場合にのみ参加するとのこと。


昨年11月、腫瘍の摘出手術を受けた結果、深刻な病気であることを医師から告げられました。検査が続く日々ですが、自分と向き合う良い機会となり、心穏やかに日々を過ごしています。そして、たくさんの人に支えられていることを改めて実感しています。音楽と絵を続けます。今後ともよろしくお願いいたします。

青木裕



公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする