スマパン再結成、ダーシー・レッキーの不参加が明らかに。「私にとっても大きな失望」

スマパン再結成、ダーシー・レッキーの不参加が明らかに。「私にとっても大きな失望」

オリジナル・メンバーでの再結成が噂されていたスマッシング・パンプキンズだが、元ベーシストのダーシー・レッキーは参加しない方向であることが分かった。

これは音楽サイト「BlastEcho」においてダーシー自身が明らかにしたもので、彼女は次のようにコメントしている。

オリジナル・メンバーでのスマッシング・パンプキンズの再結成ツアーを期待していたすべてのファンの皆さんに謝罪します。これは私にとっても大きな失望であることはわかっていますが、(私を含んだ形での)再結成は実現しません。


また、同サイトではダーシーが「バンドは別のベーシストとやっていくと決めたと、昨日知ったばかり」であるとも報じている。

ちなみに先日、ビリー・コーガンがスマッシング・パンプキンズのメンバーであったジェームス・イハ、ジミー・チェンバレンと共にLAのスタジオに集まった際の写真をInstagramにアップしていた。

ビリー・コーガンとジェームス・イハは、2016年に2000年以来となるステージでの共演を果たしている。このスタジオ写真についてビリーは「どこのスパイがこの写真を撮ったのかは定かではないけれど、今日はスタジオにお客さんが来たんだ。この3人が集まると、たくさんの思い出があるよ」とコメントしている。


この写真がスマッシング・パンプキンズとしてのイハの再加入を示すものかどうかは明らかになっていないが、ビリーは以前、チェンバレンと共にスマッシング・パンプキンズとしてのセッションを行い、“Route 666”というナンバーをレコーディングしていたことを明かしている。


なお、その他のチェンバレンとのレコーディング写真もビリー・コーガンのInstagramにアップされている。


公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする