いま聴くならこの6組! 2018年活躍が期待されるガールズ・ロックのニューカマーたち

  • いま聴くならこの6組! 2018年活躍が期待されるガールズ・ロックのニューカマーたち - ドリーム・ワイフ『ドリーム・ワイフ』

    ドリーム・ワイフ『ドリーム・ワイフ』

  • いま聴くならこの6組! 2018年活躍が期待されるガールズ・ロックのニューカマーたち - Goat Girl『Goat Girl』

    Goat Girl『Goat Girl』

  • いま聴くならこの6組! 2018年活躍が期待されるガールズ・ロックのニューカマーたち - Sorry『2 Down 2 Dance』

    Sorry『2 Down 2 Dance』

  • いま聴くならこの6組! 2018年活躍が期待されるガールズ・ロックのニューカマーたち - Whenyoung『Pretty Pure』

    Whenyoung『Pretty Pure』

  • いま聴くならこの6組! 2018年活躍が期待されるガールズ・ロックのニューカマーたち - ペール・ウェーヴス『オール・ザ・シングス・アイ・ネヴァー・セッド』

    ペール・ウェーヴス『オール・ザ・シングス・アイ・ネヴァー・セッド』

  • いま聴くならこの6組! 2018年活躍が期待されるガールズ・ロックのニューカマーたち - Soccer Mommy『Clean』

    Soccer Mommy『Clean』

  • いま聴くならこの6組! 2018年活躍が期待されるガールズ・ロックのニューカマーたち - ドリーム・ワイフ『ドリーム・ワイフ』
  • いま聴くならこの6組! 2018年活躍が期待されるガールズ・ロックのニューカマーたち - Goat Girl『Goat Girl』
  • いま聴くならこの6組! 2018年活躍が期待されるガールズ・ロックのニューカマーたち - Sorry『2 Down 2 Dance』
  • いま聴くならこの6組! 2018年活躍が期待されるガールズ・ロックのニューカマーたち - Whenyoung『Pretty Pure』
  • いま聴くならこの6組! 2018年活躍が期待されるガールズ・ロックのニューカマーたち - ペール・ウェーヴス『オール・ザ・シングス・アイ・ネヴァー・セッド』
  • いま聴くならこの6組! 2018年活躍が期待されるガールズ・ロックのニューカマーたち - Soccer Mommy『Clean』

今年2月のグラミー賞授賞式の結果を受けて、グラミーの会長(男)が「女性アーティストはもっと頑張らなくてはいけない」と放言して大炎上したことは記憶に新しい。ビヨンセは? アデルは? リアーナは? テイラーは? ガガは? カミラ・カベロSZAにケラーニにデュア・リパロードは? ビョークは??……と言い出すときりがないので止めておくけれど、女性アーティストが活躍しなかった年なんてないし、ましてや頑張ってなかったことなんて人類の歴史上ない。一体なにをもって女性アーティストは頑張っていない、活躍していないとこの人が思ったのかは、女性蔑視云々を通り越してもはや純粋に謎だったりする。


女性アーティストの活躍はヒップホップやR&B、狭義のポップ・ミュージックに留まらない。もちろんギター・ロックにおいてもそうだ。この2018年も新年の幕開けをLAが生んだ破天荒ガレージ・パンクス、スタークローラーの鮮烈なデビューと共に飾ったのを皮切りに、コートニー・バーネットハインズの待望の新作も待機しているし、ウルフ・アリスやスタークローラーがリスペクトしてやまないザ・ブリーダーズが10年ぶりの新作『オール・ナーヴ』(懐メロ感皆無の傑作!)をリリースするなど、「ガールズ・ロックの当たり年」と呼ぶべき活況を呈している。


ここではそんな2018年の活躍が期待されるガールズ・ロックのニューカマーを6組ご紹介することにしよう。

DREAM WIFE


まずご紹介するのは先月デビュー・アルバムをリリースした英ブライトン出身、現在はロンドンで活動中の4人組、ドリーム・ワイフ。彼女たちの魅力はスリーター・キニービキニ・キルら90年代のライオット・ガール勢ともしばしば比較される思いっきりノイジーなガレージ&パンクでありながら、同時にブロンディや80年代のマドンナを彷彿させるような思いっきりキッチュでカラフルなガーリー・ポップでもあるところ。パンクやロックンロールをクリシェとしてではなく、自然体でかき鳴らしながら熱を放射している、その潔さがポップネスに繋がっているとも言える。

ここでは国際女性デーに合わせて公開された、まさにガールズ・パワー炸裂! な「女子プロレス」をモチーフにした“F.U.U.”のミュージック・ビデオをどうぞ。


GOAT GIRL


続いては新世代ガールズ・バンドの真打ちとでも呼ぶべきバンド、ゴート・ガール。スタークローラーを見出したラフ・トレードより、待望のデビュー・アルバム『ゴート・ガール』が4月6日にいよいよリリースされる。

ラフトレと言えばかのザ・ストロークスザ・リバティーンズも発掘したことで知られているが、この名門レーベルのロックンロールに対する嗅覚は今なお健在。そんなゴート・ガールのサウンドは、ごりっとハードなパンクをベースに、そこにゴス風のボーカルが乗り、かと思えばフォークやパブ・ロック、ボードビルまでごっちゃになったインタールードや、ダブやグライムの要素も含んだポエトリー・リーディング調のナンバーまで含む、極めてエクレクティックなシロモノ。彼女たち曰くデビュー・アルバムは自分たちの街「ロンドン」が大きなモチーフとなっているそうだが、まさにロンドンのようなマルチカルチュアルな都会の雑踏が強烈に似合うシティ・ミュージックなのだ。

ちなみに彼女たちはロンドンの中でも南部を拠点としているバンドで、現在サウス・ロンドンはこのゴート・ガールやファット・ホワイト・ファミリー、シェイムらを筆頭に、アンダーグラウンドなパンク・シーンが再び熱く盛り上がっていることでも話題だ。


SORRY


そんなサウス・ロンドン・シーンにノース・ロンドンから進出し、頭角を現しつつあるバンドがSorryだ。紅一点のシンガーAsha Lorenz率いる4ピース編成、グランジからローファイまで90年代的USオルタナティヴを広く消化したそのサウンドは、現在ロンドンの「北」の代表格と呼ぶべきウルフ・アリスと共通したクールネスを感じさせる。

Sorryはかのアークティック・モンキーズを要するレーベル「Domino Records」と契約を結び、シングルをリリース中。現時点では未知数だけれども、今から注目しておいて間違いないバンドです。

ここでは現時点での最新シングル“2 Down 2 Dance”のミュージック・ビデオを。


次のページ注目のガールズ・ロックのニューカマー、更に3組をご紹介
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする